bizSPA!フレッシュ

みんなの「夏休みの日数」は?理想は1~2週間だけど現実は…

 今年の夏休み、どう過ごしますか?

 航空券・ホテル・レンタカーの比較検索サービスを運営する「スカイスキャナージャパン株式会社」は過去3年に仕事以外で旅行に行ったことのある20~50代の男女1000人に向けて、「夏休み旅行の理想と現実」に関するインターネット調査を行いました。

海の女性

※画像はイメージです

 平均的なボーナス支給額の37万円(みずほ総合研究所「2018年夏季ボーナス予測」)と、1週間の夏休みを自由に使えると仮定して、「理想の夏休み」が過ごせるならどんな旅行をするか? それに対して、実態はどうなのか? さっそく結果を見ていきましょう!

「夏休みの日数」理想と現実に大きな差

Q.夏休みの理想の日数、実際の日数は何日間ですか?

sub5

 理想の日数は1~2週間が1位、次いでは7日間が2位でした。旅行もできて、さらにゆっくり疲れを癒せるくらいの日数が理想のようです。

 実際の日数では、1位は5日間、次いで3日間と、理想の夏休みの日数とは程遠い結果でした。9日間、7日間といった理想の夏休みを叶えている人はわずか10%台でした。

「夏休みの時期」は会社の都合を優先…

Q.夏休みの理想の時期、実際の時期はいつですか?

sub6

 理想の時期は8月前半が22.9%、7月後半が17.5%、9月が17%と、お盆の時期を外す結果に。選んだ理由については、旅行費用の安さよりも仕事、会社の都合が上位となり、夏休みの取得も周りに考慮しているようです。

 実際の時期はお盆が56.6%と、半数以上を占める結果となりました。選んだ理由は「仕事、会社都合」がトップで、やはり個人の都合よりも仕事や会社の都合を優先していました。

 日数・時期ともに、なかなか個人の思い通りにはいかないようです。