bizSPA!フレッシュ

「無印良品の化粧水」が最強コスパ。医師推奨のメンズコスメ4選

たっぷりの泡で優しく洗うこと!

BULK HOMME

BULK HOMME THE BUBBLE NET 泡立てネット 660円(税込み)

 スキンケアは、顔に何かをつけることに注目しがちですが、汚れを落とすことも同じくらい大切です。洗顔において意外な盲点になっているのが、たっぷりの泡でやさしく洗うということです。

 石鹸や洗顔料を、自分の手だけでしっかり泡立てることはできますか? 洗顔は、手でこすってしまうような雑な洗い方をすると、それによる刺激でメラニンが増え、シミくすみの原因になることもあります。

朝の忙しい時間や、深夜に帰宅してすぐに寝たい時でも、短時間で簡単にたっぷりの泡を作ることができるのが、泡立てネットです。なかでもBULK HOMME「THE BUBBLE NET 泡立てネット」がいいでしょう

毎日のケアには美容液より日焼け止め

BULK HOMME

BULK HOMME 日焼け止め SPF40 PA+++ 40g 2200円(税込み)

 シミ、シワ、たるみなどあらゆる肌老化を引き起こすのが、紫外線です。それぞれの対策に特化した美容液をあれこれ選ぶのも良いですが、その前に、そういう肌老化を引き起こす紫外線から肌を守るための日焼け止めを毎日のケアに必ず入れるようにしましょう。

 日焼け止めならBULK HOMME「日焼け止めSPF40 PA+++(40g)」はどうでしょうか。選ぶ際の注意点ですが、日焼け止めそのものは、肌には良いものではないということをまず認識する必要があります。日焼け止めで肌荒れしてしまうケースも多いです。

 紫外線から守るという観点では、SPF(紫外線からの防御力を表す数値)の高さは重要ですが、真夏のレジャーではSPFの高いものが良くても、毎日使うものとしては肌負担が大きすぎ。肌負担の少ないSPF30~40のものを選ぶと良いでしょう。日焼け止めの使用感は好みの個人差が大きいので、色々な商品を試してみてお気に入りを見つけると良いです。

 バルクオムの日焼け止めは、紫外線からの防御だけでなく、日焼け止めそのものが肌に優しいように設計されていることに特徴があります。毎日使うものだからこそ、日焼け止めの品質にはこだわりたいところです。

 男性が日焼け止めを毎日使うデメリットがあるとしたら、それを落とすために洗顔料だけでなくクレンジング剤(女性が使用するメイク落とし)が必要になるということ。ただ、バルクオムの日焼け止めは、石けんや洗顔料のみで落とすことのできる点がとても優れています。クレンジングは肌負担になることが多いので、メイクをしないのであればしないほうが良いのです。

おすすめ記事