bizSPA!フレッシュ

高卒リーマンが、転職面談に潜入したら…いろいろと疑問だらけだった件

キャリア

 20代向けの人材紹介会社でキャリアアドバイザーをしながら、お笑い芸人として活動をする就活アドバイザー芸人の森川剛です

仕事

※画像はイメージです(以下同じ)

 ぼくは普段、第二新卒や既卒の方のキャリアカウンセリングを行なっていますが、今回は、若手ビジネスパーソンから寄せられた悩み相談に答えます! なお、このアドバイスはぼくの体験を基にお答えしていきます。

Q. 就職エージェントをうまく使えてない

■25歳 男性・フリーター

「現在、既卒として就活をしています。一人ではやり方がわからず、就職エージェントを利用しているのですが、カウンセリングと言うか一方的にオススメ求人を紹介してくるゴリゴリ感が強くて、少し不信感を覚えます。就職エージェントってこんなもんなのでしょうか?」

A. 共通認識にズレが生じてるかもです

 就職エージェントに勤務している身としてはやや耳が痛いですが、今回の相談者さんに関しては求職者とキャリアアドバイザーの共通認識が取れていないのかもしれません。

 営業職を受けたいと思っているのに、違うお仕事を紹介されるとか、来月から働きたいのに即日入社の求人出されるなど。お互いの認識にズレが生じて、うまく行かないケースは悲しいですが、良く聞く話です。

 ただ、これに関してはキャリアアドバイザーが悪いです。求職者との共通認識が取れないまま、動くのは入社後のミスマッチに繋がります。しかし、そんなキャリアアドバイザーがいるのか……。どんなカウンセリングをすればそうなるのか不思議に思ったので、今回は思い切って、僕が他社の就職エージェントに登録をして、カウンセリングを体感して来ました!