最大4万円節約も。食費を“無理せず”減らす10個のアイディア | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

最大4万円節約も。食費を“無理せず”減らす10個のアイディア

マネー

 新年は、賢く食費削減。

 今回のテーマは「食費を無理なく減らそう」というご提案。ニューノーマルの時代、毎日の食生活ががらりと変わった人もいると思いますが、おいしい食体験を我慢することなく、少しでも食費がセーブできたら最高ですよね。

金欠

※画像はイメージです(以下、同じ)

 そこで、毎月の食費をセーブできる“無理しないアイディア”を10個集めてみました。できそうなところからはじめてみて、足し合わせてみると、食費セーブ1万円も簡単に達成してしまいますよ!

① ペットボトルを、水筒に

 毎日何気なく購入していた500mlのペットボトル飲料を、水筒にかえてみましょう。

 中身は自宅で沸かしたお茶やミネラルウォーター(大容量のものはコスパよし)、コーヒーなどで対応すれば、大きなセーブにつながります。

セーブできる想定額
[150円(ペットボトルの飲み物1本)-30円(水筒1本分のミネラルウォーター)]×1か月分=約3600円

※参考:「森の水だより 2L」(6本ケース754円)→500mlで約31円 ※「なんでも酒やカクヤス」ショッピングサイトより

② スタバや専門店のコーヒーを、水筒に

スターバックス

 実はこれが一番無意識でいて、大きな出費かもしれません。コーヒー専門店のコーヒーは確かに美味しいかもしれませんが、1杯300円のコーヒーに価値を、その時の自分が心から感じるかどうかを考えてみましょう。

 一切やめるべきとは思いませんが、なんとなくの惰性で注文してしまうこともあるでしょう。そんな時は、自宅で入れたドリップコーヒーを保温水筒に入れて持ち歩くこともオススメです。コンビニコーヒーも同様で、少しのセーブが大きな積み重ねになります。

セーブできる想定額
[300円(コーヒー専門店)-50円(水筒のコーヒー)]×10日分=約2500円

※参考:「マイルドカルディ/200g」(1杯あたり24.8円)を2杯分を水筒に入れる計算

おすすめ記事