bizSPA!フレッシュ

今は草食っぽい男がモテる。無口な20代サラリーマンのギャップモテ術

「女性はギャップに弱い……」とはよく言いますが、本当でしょうか。仮に本当だったとして、有効に働くギャップがどういうものか気になりますよね。

バンドマン

※画像はイメージです

 今回は、高校から音楽が大好きだったという平日アパレル課長、休日バンドマンの千波和樹さん(仮名・28)が持つ、シンプルなギャップによる“高コスパな”モテエピソードです。

 無口な彼が見せるギャップが、周りの女性をコロコロと落としていっているんだとか。

バンドマンが利用する「モテる武器」とは?

 千波さんはもともとインドア派で口数が少なめ。世間がバンドマンに持つイメージそのままといった性格ですね。

「基本的に感情があまり顔色や声色に出ないので、人から何を考えているか分からない、とよく言われます。でも、そんな自分が唯一、半自動的に感情を露わにしてしまう瞬間があるんです」

 感情の起伏が薄い男性が感情的になる瞬間……たしかにギャップです。千波さんは、よくお酒を飲むのだそうですが、もともとお酒には弱いのだとか。

「飲酒は大好きなのですが、人よりお酒に弱くって。飲むと明らかに顔が真っ赤になるし、普段はめちゃめちゃ人見知りなのに、なんか饒舌になっちゃうみたいなんです。しかも、なぜか女の人に可愛がってもらえるんですよね……」

お酒に酔っただけでもギャップになる?

お酒 飲み会

 普段は口数の少ない千波さん、酔った姿を女性に見せると意外がられる時が多いのだそう。

「普段おとなしくしているからなのか、酔っ払った男なんて、普通はただただ煙たがられそうなのに、“自分には弱みを見せてくれているんだ”とポジティブな解釈をしてもらえることが多いんです。で、自分も気が大きくなってるんで、だいたいそのまま一夜を明かせちゃうことが多いんですよね」

 ひょうひょうと語る千波さんの様子を見ても、確かに甘えるような姿は想像できません。普段物静かにしていると、飲み会でこんなリターンがあるんですね……。

12