サントリー新浪社長「45歳定年説」が物議。若いうちに持つべき心構えとは | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

サントリー新浪社長「45歳定年説」が物議。若いうちに持つべき心構えとは

キャリア

「45歳定年」の考え方は日本全体に広がっていく可能性も

ライフプラン

 これが真かどうかはわかりませんが、ぼく自身、経営の中枢に近い立場で働いてきて、人件費の重みは非常によく感じてきました。給与に応じたパフォーマンスを出せていないと、遅かれ早かれ難しい立場になっていくのは普通のことでした。

 経営的な立場からすると、

「年齢がある程度いっているというだけで高い給与を払うのはもうキツいから、45歳を暫定的な定年として、マネジメントとしてバリバリやってくれる人や、専門性を活かして職人的立場で働いている人以外は辞めてもらえるとありがたい」

 というのはある意味当たり前の発想です。そして、サントリーという大企業の社長がある程度公的な場でこの発言をするということは、よりこの考え方が日本全体に広がっていく可能性がある、ということなのではないでしょうか。

「ひどい」と騒ぐよりも生産的なこと

 この発言について「ひどい」「横暴だ」と騒ぐのも別にいいですが、より生産的なのは、これが経営者側の本音であるということを理解したうえで、自身がどのようなキャリアを描くか、より早い段階から真剣に考え、いろんなトライ&エラーを繰り返すことだと考えています

 もし、あなたに職人系のキャリアがあるのなら、今の職場にいながら空いた時間で副業をしてみて、本当に自分のスキルが高単価で売れるものなのか試してみてもいいでしょう。

 スキルを売る際には、そのスキルの巧拙のみならず、高く売り込むためのセールススキルや、売れる仕組みを作るマーケティングスキルも必要になっていきます。職人肌の人も、副業を進めていくうえでこれらのスキルがつけられれば一石二鳥ですよね。

ハッシュタグ

おすすめ記事