bizSPA!フレッシュ

ワケアリ部署に配属された若手。先輩からのいじめで見た地獄

キャリア

 転職することも当たり前になっている現在、長いサラリーマン人生には多くの岐路が存在しますが、思わぬことで運命が分かれることもあるようです。

研修

※画像はイメージです(以下同じ)

 部品メーカーに勤めている磯山涼さん(仮名・27歳)は5年前にエンジニアとして採用されましたが、「思わぬところで同期との差がついた」といいます。

運命を分けることになる研修の班分け

「全ては研修のせいです。研修はA班とB班に分かれて受けることになったんですが、A班は情報システム1部が、B班は情報システム2部が担当することになりました。この班分けのせいで、先輩たちにひどい扱いを受けることになるとは思ってもみませんでした」

 研修自体には「何の問題もなかった」といいますが……。

「私はA班で研修を受けましたが、どの先輩もわからないところがあれば根気よく教えてくれました。みんな人が良くて、この会社なら長くやっていけそうだと思ったぐらいです」

 ですが、研修を終えて正式に配属されると、雰囲気は一変します。

部署ごとに確執が存在。しかも原因は部長…

職場の男性

「配属されたのはシステム2部だったんですが、私が研修班でシステム1部の研修を受けたことがわかると、メンターについた先輩はじめ、周囲から露骨に嫌な顔をされました

 そこで磯山さんは、システム2部が1部を嫌悪していることを知ることになります。

「後でわかりましたが、1部の部長が2部に面倒な仕事をおしつけておいて、そのうえ仕事の成果についてネチネチと口を挟んでくるのが原因でみな心底辟易しているようでした。また部長だけならまだしも、部員たちも追随して2部を見下す感じで接してくるので、仲が悪いというよりもお互いに『敵』とみなしているような雰囲気でしたね」

おすすめ記事