ゆりやん、米テレビで話題に。くっきー、ピース綾部…海外進出した5人の芸人 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

ゆりやん、米テレビで話題に。くっきー、ピース綾部…海外進出した5人の芸人

野性爆弾くっきー:海外でも認められたアートの実力

cookie

※「くっきーランド」より

 芸人仲間から「才能をムダ使いしている」と言われ続けていた、お笑いコンビ・野性爆弾のくっきーさん(43)

 白塗りメイクの顔モノマネや、Amazonプライムビデオ「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」への出演などで知名度を上げ、大ブレイクしました。

 お笑い芸人の活動以外にも、ゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音さん(30)がプロデュースする「ジェニーハイ」というバンドでベースを担当。「肉糞太郎」名義でアクセサリーブランドを立ち上げたり、個展を開くなどさまざまな活動を展開しています。

 くっきーさんの世界観を表現した展示会「超くっきーランド」を日本のほかに台湾、中国でも開催。台湾では1か月間に10万人が来場しました。

 さらに2019年、世界最大の美術市場「Artexpo New York」に出展すると、同エキスポで「もっとも注目する5人」に選出されました。さらに出展した5作品が1100万円という高値で売れ、大成功を収めました。

ぜんじろう:スタンダップコメディで単身アメリカへ

 現在は、スタンダップ・コメディアンとして海外を中心に活躍しているぜんじろうさん(51)。最近では、芸能界での先輩・後輩を巡って、爆笑問題の太田光さん(54)と、ラジオ番組で直接対決をしたことが話題となりました。

 1990年代は10数本のレギュラー番組を抱えていて、大阪では知らない人がいないほどの人気でした。その後、「平成の明石家さんま」という触れ込みで東京に進出するも、上手くいかず失敗。

 1998年には、単身渡米。スタンダップコメディアンとして、ステージでは日本では珍しい政治的なテーマをユーモアを交えて披露しているそうです。

 そういった文化に影響を受けてか、現在ぜんじろうさんは自身のTwitterにて公演の最新情報ほか、国内外のさまざまな時事問題を頻繁に批評しています。

おすすめ記事