スルガ銀行不正融資の「報告書」不動産のプロはこう読み解く #全宅ツイ | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

スルガ銀行不正融資の「報告書」不動産のプロはこう読み解く #全宅ツイ

ビジネス

コンプラ違反「歩積み両建て」の回避策

貯蓄 積立

※画像はイメージです

グル:金利7%で借したフリーローンを、そのままスルガの定期預金に入れさせると「歩積両建て」(※)でアウトになる。せやから証券口座作らせてそこに融資したんは、かしこいね。でも、債務者は借りた1000万円何に使ったんやろ? なんかお金増えた気分になってる人とかいそうやね。

(※ 必要以上にお金を貸して、余った分を定期預金に入れさせる行為。最近だと東日本銀行が歩積み両建てで金融庁から業務改善命令を受けている)

どエンド:不動産取得税の支払いとか…。

かずお:なるほろ。

グル:知らんかった取得税のお知らせが後からきて「あぁ、1000万円借りといてよかった」思うんかwww。

あくの:あるいは、かぼちゃの馬車の運転資金に回すとか…?

グル:7%で借りたお金つこうて、3.5%で借りたお金返すとかwww。

あくの:本当にそんな感じだったら、スカスカの財布で勝負している人、多かったんですねぇ。

グル:ね~。

債務者の自転車操業をスルガ側も懸念

<不動産賃貸に関し全くの素人を、悪徳業者から守ることにも繋がる・既存有担保貸出先への無担保追い貸しは特に注意が必要
既存融資…収益不動産購入資金、追い貸し使途…収益不動産の修繕資金 ⇒キャッシュフローを流用していないか、検証 ⇒購入当初からの収支の見込みが甘く、追加融資でなく抜本的な対策が必要 ⇒賃貸経営のノウハウがあるか検証 ⇒両建て(手元資金あるが今回借入)は別として、借入しないと回らないは赤信号
既存融資…収益不動産購入資金、追い貸し使途…おまとめ(カードローン)⇒収益不動産の収支悪化 → 持出し捻出 → 借入 ⇒おまとめ後は当社無担保分の返済増加、収益不動産の再度の持出し捻出
→ 再度他社借入 → 破綻の懸念 ⇒おまとめではなく、根本的な対策が必要 ⇒そもそも貯蓄性向が低く、収益不動産購入属性であるか検討が必要>
「第三者委員会調査報告書」P147より

どエンド:これって、物件収支が赤字だからカードローン借りてしのいで、おまとめして、またカードローンで借りて……ってことを懸念してるんですよね。

かずお:雪だるまだwww。

あくの:ふくw。

どエンド:それでもスルガが融資を出してる限りは、次のオーナーに高値で売却できれば逃げられたんですが、今の融資情勢だとその出口が閉じられちゃってるので、これからがキツいですよね。

第三者委員会からの手厳しい債務者評

グル:報告書での債務者の言われようも大概や。「そもそも貯蓄性向が低く、収益不動産購入属性であるか検討が必要」書かれとる。

どエンド:「永続的に不労所得を得られると勘違いしている債務者」とも書かれてますね。

グル:このくだり、日本橋のスルガ銀行前でかぼちゃの債務者たちに音読させたい。

かずお:全員、幻の収益とダンスしてたんですね。すごいバブルっぽい。

グル:ちょうバブル感じる。

どエンド:「自由で明確な不動産購入意思」どころか、業者に首根っこ掴まれて、雰囲気に飲まれてぼんやり物件押し込まれてる客だと、スルガ銀行の現場もはっきり認識している。業が深いです。

<TEXT/栗林篤>

「全国宅地建物取引ツイッタラー協会(全宅ツイ)」は、数百億円の不動産を取引する不動産ファンドのAMrからルノアールにたむろする無免許ブローカーまでを会員に擁する、その保有資産、預り資産、グリップ資産の合計が2兆円を超える不動産Twitter最大の業界団体です
公式キャラクター・グリップ君Twitter:@kuso_bukken

12

おすすめ記事