bizSPA!フレッシュ

スマホ撮影が激変!売れ筋「スマホ用レンズ」3選を比較してみた

ガジェット

 スマホに取り付けることで、カメラの性能を補強できるスマホ用レンズ。さまざまな製品が売られているが、実際にどの程度使えるのだろうか。

スマホ用レンズ

※画像はイメージです

 アマゾンのランキング上位から「SELVIM」「ActyGo」「OYRGCIK」の3ブランドの製品をチョイス。製品ごとの差がとくに大きい望遠、広角、マクロで実際に撮影してみた。

三脚やリモコンの付属した製品も

 今回試したレンズは、いずれも望遠、広角、マクロ、魚眼の4種類のレンズがセットになったもの。レンズの倍率などのスペックのほか、付属品にも違いがあった。

2019 進化版HD22倍望遠レンズ付きスマホレンズ4点セット

SELVIM「2019 進化版HD22倍望遠レンズ付きスマホレンズ4点セット」

 1つ目は、22倍という高倍率の望遠レンズを備えた「SELVIM」の製品。アマゾン価格で1999円。22倍望遠レンズ、0.62倍広角レンズ、25倍マクロレンズ、180°魚眼レンズに加え、三脚と収納ケースも付属する。(4月13日時点でアマゾン在庫切れ、後継の「2020新型」がある)

高品質HD18X望遠レンズ付きスマホレンズ4点セット

ActyGo 「高品質HD18X望遠レンズ付きスマホレンズ4点セット」

 続いては、18倍望遠レンズと0.63倍広角レンズ、15倍マクロレンズ、198度魚眼レンズがセットになった「ActyGo」の製品。アマゾン価格で3499円。三脚に加え、Bluetoothリモコンも付属した豪華なセットだ。

HD12X 高画質 5in1望遠スマホレンズ

OYRGCIK「HD12X 高画質 5in1望遠スマホレンズ」

 3つ目の「OYRGCIK」製品は、12倍望遠レンズ、0.67倍広角レンズ、マクロレンズ、180度魚眼レンズのセット。こちらも4月13日時点でアマゾン在庫切れだが、望遠レンズに付属のアイキャップを取り付けることで、単眼鏡としても使用できる。

ActyGo

ActyGo

高技術なブルーフィルムコーティングが施されたレンズを使用し、ケラレ、歪みを徹底的に抑えた、透光率が非常に高く、明るく鮮明な画像が撮影可能

おすすめ記事