Osaka Metro御堂筋線、終電延長の実証実験。午前2時運行の是非を占う | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

Osaka Metro御堂筋線、終電延長の実証実験。午前2時運行の是非を占う

ビジネス

 国土交通省では、Osaka Metro協力のもと、2020年1月24日と2月21日の金曜深夜(厳密にいえば翌日にまたがって実施)に御堂筋線で終電2時間延長の実証実験を行なう。

御堂筋線

御堂筋線は大阪の大動脈

 Osaka Metroは比較的終電が早い路線があり、結果によっては次期ダイヤ改正で終電の繰り下げ、増発などが考えられる。

 なお、御堂筋線主要駅の0~2時台(Osaka Metroは24~26時台と案内)の発車時刻は公式サイト「御堂筋線 終電延長」をご覧いただきたい。

終電2時間延長の目的

 国土交通省によると、「明日の日本を支える観光ビジョン」の一環として、夜間(ナイトタイム)を有効活用し、新たな消費機会の創出やナイトライフの満足度向上に繋げることが重要と考えているという。それを実現させるためには、夜間の周遊のための環境整備が課題である。

 そこで、先述のOsaka Metro協力のもと、御堂筋線の終電時刻を2時間延長し、沿線エリアにおける夜間の消費動向や人口流動、交通需要に与える影響などを調査する。

 これらの調査結果などを踏まえ、夜間の周遊行動にかかる調査手法を確立し、2020年の東京オリンピックの期間中など、夜間の交通アクセスの充実に向けた環境整備を進めていく。

北大阪急行電鉄

北大阪急行電鉄は、2023年度に千里中央―箕面萱野間の延伸を予定している

 舞台の御堂筋線は江坂―なかもず間(24.5キロ)を結ぶ路線で、新大阪、梅田、なんば、天王寺という大阪の主要都市をダイレクトで結ぶ。

 また、江坂から先、千里中央までは北大阪急行電鉄(以下、北急)南北線で、相互直通運転を行なう。しかし、今回の終電2時間延長では、北急に乗り入れない。私はそこが肝心だと思うが、同意を得られなかったのだろうか。

終電2時間延長のメリット

① 夜遅くまで遊べる、残業できる

 飲食店の一部は深夜も営業しており、酒席を開く人も多いだろう。終電の2時間延長により、乗り遅れの心配がなくなりそうだ。その反面、深夜に割増運賃を設定するタクシーや路線バス、飛び入り客も受け入れるホテルやインターネットカフェなどにとっては、打撃を受けることが考えられる。

 また、昨今流行りの「働き方改革」に水を差すようだが、終電の2時間延長により、沿線の企業でも“残業の延長”が考えられる。週末がお休みなら、金曜日は遅くとも1時頃まで残業を延ばすことができるのではないだろうか(実際、私の周囲でも日付をまたいで残業される方がいる)。

おすすめ記事