bizSPA!フレッシュ

スーツカンパニーで「買うべきアイテム」ベスト3。オフ日でも使える

キャリア

 そろそろ本格的に衣替えの季節! 社会人2年目なら、新しいスーツを買う人もいるだろう。クリーニングに出す前には、最低限の手入れを忘れないように。

ザ・スーツカンパニー

ザ・スーツカンパニー

 新社会人がリクルートスーツから“ひとつ上の”アイテムを買うとき、役立つのがツープライススーツだ。かつて高価なイメージがあったスーツだが、今では3万~4万円の手頃な価格で買うことができる。

 今回、紳士服専門店業界NO.1の販売実績を誇る青山商事の「ザ・スーツカンパニー」の最新アイテムのなかから、買うべきアイテムベスト3を紹介する。選者は『ユニクロ&ツープライススーツの上手な使い方』(WAVE出版)などの著書がある、一般社団法人「服のコンサルタント協会」代表の森井良行氏(画像はオンラインショップより)。

青山商事、天候の影響で決算は苦戦

「洋服の青山」「ザ・スーツカンパニー」など誰でも知るビジネスウェア事業を展開する青山商事。しかし、直近の四半期決算はふるわない。

 今年2月8日発表した2019年3月期第3四半期の連結決算では、売上高こそ3.1%減の1684億1400万円(以下すべて前年同期比)だったものの、営業利益は39億6400万円(55.7%減)、経常利益47億2600万円(50.7%減)と半減。純利益にいたっては91.3%減の4億4000万円となっている。

 背景には、一層のクールビズ・カジュアル化の影響や、2018年は猛暑や豪雨などの天候の影響および、大阪北部地震・西日本豪雨などに伴う災害被害が続いたことが推測される。

 とはいえ、スポーツ用品メーカー・ミズノと共同で、体の熱気を素早く放熱させる特殊素材を使用し、“運動時の動きやすさ”を追求した夏用ビジネスシャツを販売するなど、新たな取り組みも行っている。スーツだけでなく、シューズやシャツなども取り揃え、オフの日のコーディネートにも役立ちそうだ。以下のベスト3を参考にしてみてほしい。

3位:グレンチェック柄ジャケット

グレンチェック柄ジャケット

【blazer’s bank.com】グレンチェック柄ジャケット≪Fabric by REDA≫28,000円+税

「森井の高見えシリーズです(笑)。平日のオフィスカジュアルに加え、週末にちょっといいところのレストランに行くときなんか着たいです。ジャケットを見た瞬間、IT社長風というタイトルを付けたくなる一品です」(森井氏、以下同)

12