bizSPA!フレッシュ

「iOS12.0.1」リリース iPhoneXSユーザーでなくとも、アップデートすべき!?

ガジェット

 Appleは日本時間10月9日、iPhone/iPad用の最新ソフトウェアシステム「iOS12.0.1」をリリースしました。

Iphone X

※画像はイメージです

 9月18日に行なわれたiOS12のリリースから1か月たらずで行われた今回のアップデートですが、早速、その変更内容をピックアップしてみましょう。

 ちなみにアップデートの方法は、通知が来ていればそのまま表示をクリック、あるいは「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」でも行うことができます。

新機能搭載はナシ! 対応機種は?

 今回の対応機種は、iPhone5以降の端末と、iPad Air以降、および第6世代以降のiPod touch。

 ただし、「iOS12」アップデート時の記事で紹介したような「アニ文字」や「Siriショートカット」のような新機能は、搭載されていません。

 修正点はつい先月に発売された最新機種「iPhone XS」のバグの修正など6項目。そのため、使用しているのが旧機種であれば、アップデートを行っても、効果を体感することはほとんどないかもしれません。

充電やWi-Fi接続の問題をクリア

ios1201

このアップデートのセキュリティコンテンツについてはWebサイトをご覧ください:

 では、今回の変更された6点を紹介します。

【iPhoneXS/iPadXS】
・iPhoneXSデバイスをLightningケーブルに接続してもすぐに充電が始まらない問題を修正
・iPadXSデバイスで5GHzではなく、2.4GHzのWi-Fiネットワークに再接続してしまう問題を解決

【その他バグ修正】
・iPadキーボードの“.?123”キーの場所を以前の位置へ復元
・ビデオ再生用のAppで字幕が表示されない問題を修正
・Bluetoothが使用できなくなる問題に対処
・iPhone5sでSMS/MMSを送受信できない問題を修正

 今回のアップデートは、ユーザーの利便性を直接的に高めるというより、不具合の修正を中心としたメンテナンスアップデートであり、「iPhoneXS」で指摘されていた不具合などが修正されています。

 また、セキュリティのアップデートも行われており、より安全かつ快適に動かすためという意味が強いです。いずれにせよ、すでにベータ版がリリースされている「iOS12.1」が本格導入されるまでの“つなぎ”のような扱いになるでしょう。

 とはいえ、現時点では大きな不具合の報告も行われていないため、アップデートしておく価値は十分にあるものといえそう。また、アップデートには必ずバックアップを取ってから適用することをお忘れなく!

<TEXT/井野祐真>

株式会社扶桑社第二編集局SPA!Web編集部「bizSPA!フレッシュ」編集長、井野です。映画と音楽が好きです。