bizSPA!フレッシュ

吉野家の牛丼並を80円で!ランチで使える「株主優待」4選

マネー

ランチの定番、牛丼を吉野家の優待券で

 早い・安い・美味いでお馴染みの牛丼は、サラリーマンランチの定番メニューと言って差し支えないでしょう。そのリーズナブルさから、給料日前にお世話になった経験のある読者も多いのでは?

 そんな節約ランチの王道・牛丼も、株主優待券を活用すれば圧倒的にお得に食べられます。

 吉野家ホールディングスの株を100株保有すると、300円の食事券を1年間で20枚もらえます。牛丼並(380円)を頼むのであれば1枚使用、それでなんと1杯80円に!

 また、定食系のメニューを頼むときは2枚使用、といった感じで使い分けたいところです。はなまるうどんでも利用可能なので使い勝手は申し分ありません。

 同社のライバルである牛丼御三家銘柄、ゼンショーや松屋フーズの株と比べると、株価と優待利回りのバランスがよいので注目です。

ガストの日替わりランチも優待券でお得に

ガスト

ガストの日替わりランチはお値打ちメニューだ。もちろん優待券が利用可能

 コスパの良さに定評のあるファミレスの「ガスト」。

 特にランチタイムに提供される日替わりランチはお値段499円(税抜き)と圧倒的な高コスパメニューとなっています。

 そんなガストのランチタイムを更にお得にしてくれるのが、すかいらーくの株主優待です。同社の株を100株保有すると年間6000円分の株主優待カードがもらえます。

 ガストのほかにバーミヤンやジョナサンといったファミレスや、むさしの森珈琲といったカフェでも利用できるので、使い勝手の良さも嬉しいところです。

 すかいらーくの株を買うには約16万3000円が必要となります。

クーポンも併用すると、さらにお得に

 サラリーマンにとってランチは午後の活力の源。それだけにお得に美味しい食事をとりたいものです。

 話は逸れますが、店舗によっては株主優待券とクーポンの併用が可能な場合があります。ガスト・はなまる・吉野家の共通「3社合同定期券」が8月23日に発表されたもの記憶に新しいところです。

 公式アプリや公式ラインから配信されるクーポンもチェックして、合わせ技の活用でよりお得なランチタイムをすごしてみてはいかがでしょうか。

<TEXT/栗林篤>

元IT企業のサラリーマン。株主優待と家賃収入で細々と暮らすフリーライター。著書に『サラリーマンのままで副業1000万円』がある

12