松本穂香「今につながっている」キャリアの転機になった朝ドラ『ひよっこ』 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

松本穂香「今につながっている」キャリアの転機になった朝ドラ『ひよっこ』

映画初出演の子役と共演

DIVOC-12

――短期間での撮影だったと思いますが、撮影中のエピソードはありますか?

松本:本当に一瞬で終わってしまったのですが。共演の小関(裕太)くんとは『みをつくし料理帖』でもご一緒していましたが、今回はふたりでバイクに乗ったりして、全然違う関係性で「不思議だね~」と話していました。カケルを演じた石川(春翔)くんは、映画初出演だったんです。

――そうなんですね。

松本:ガチガチに緊張していたので、ちょっとでもほぐせないかと、「学校でいま何が流行っているの?」とか「好きな女の子とかはいないの?」とか話しかけましたが、余計にドギマギさせちゃったかもしれません(笑)。撮影が終わってから、花束を受け取ったとき、「初めて花束をもらいました」と言っていて、彼の初めての作品にご一緒したんだと光栄でした。

――松本さんは初めてのときはどうでしたか?

松本:最初はショートムービーだったんですが、分からないことだらけで。撮影のための明るさを測る器具を目の前に持ってこられたりしても、何をしているのか意味がわからなかったり。いろいろ考えて知恵熱みたいに熱が出ました(苦笑)。でも今思えば、そうした何がなんだか分からないなかでも、「とりあえずやろう!」と突っ走る感覚も、それはそれで当時はよかったのかなと思います。

不安になったら思い出す『ひよっこ』

松本穂香

――キャリアのなかで、大きな転機を挙げるなら?

松本:やっぱり大きいのは朝ドラの『ひよっこ』ですね。不安になったときに思い出しています。自分でいろいろアイデアを出して、それを「良かったよ」と言ってもらえたのも初めてでしたし、役を演じているのだけれど、本当に心の底から嬉しい気持ちになったり、脚本に書かれている以上のものが自分のなかに出てきたりしました。そうした瞬間というのは、なかなか体験できないことですし、今につながっていると思います。

――刺激を受けた先輩はいますか?

松本:同じ『ひよっこ』で言うと、和久井映見さんが、断然年下の私たちにも敬語で話してくださったりする姿を見ていて、すごく素敵だなと思いました。

おすすめ記事