bizSPA!フレッシュ

東京23区「家賃が安い駅ランキング」上位の駅をオススメしない理由

コラム

部屋のスペックより、街そのものにこだわってみては?

引っ越し

※画像はイメージです

 トップ20の駅を見ると、足立区・葛飾区・江戸川区が目立ちます

 挙げられている駅の多くは「東京23区だけど、都心に行くには若干時間のかかる場所」となります。上記3区の中でも住んで楽しい・良い街はたくさんあるのですが、せっかく上京して一人暮らしをするなら、絶対的な安さにこだわらず、いくつか妥協してもう少し都心よりに住むことをおすすめします。

 実は、都内23区ですとマイナーな場所でも土地代がそれなりにするので、2万~3万円といった激安な価格賃貸はほぼ見つけることができません。「部屋でお風呂に入りたい」「トイレは付いていたほうがいい」「最低6畳は欲しい」「ベランダで洗濯物を干したい」となると、どこでも最低5万円以上となってしまうのです。そして、この最低5万円+1万円の範囲で探すと、案外多くの場所がヒットしてきます。

 経験上、20代男性単身者であれば、2階以上やオートロック、バス・トイレ別など住む家のスペックにこだわるよりも、街そのものにこだわったほうが満足度が高いでしょう

 ビッグターミナル駅そばやオシャレな街として紹介されることが多い代官山・自由が丘・吉祥寺などに6万円以内の物件を探すことはほぼ不可能ですが、駅前商店街が充実していて都心・山手線駅にも出やすい街は探せば見つかります。

Happy_road

大山駅前の商店街「ハッピーロード大山」。約200店舗が立ち並ぶアーケードの長さは540メートル。多い日で1日約3万人の買い物客で賑わう
photo by Kamemaru2000 CC BY 3.0

 例えば、大山駅(ハッピーロード大山)戸越銀座駅(戸越銀座商店街)田原町駅(かっぱ橋商店街)などの街は、物件を探せば5万~6.5万円で住むことができる上、街のローカル感と都心への近さのバランスが程よく、満足度が高くなります。

 同じ広さや築年数で5000円安い物件を見つけるよりも、ちょっと妥協して街にこだわりを入れてみては?

<TEXT/のらえもん>

湾岸タワマンに住んでいるという設定の湾岸妖精(ブロガー)。「マンション購入を真剣に考えるブログ」を運営。人間界ではいたって普通の都内勤務サラリーマン。著書に『専門家は絶対に教えてくれない! 本当に役立つマンション購入術』(廣済堂出版)など

12