「同僚の本名を知らない」 あだ名で呼び合う職場の実態 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「同僚の本名を知らない」 あだ名で呼び合う職場の実態

ビジネス

 会社で同僚や上司をどのように呼んでいますか? 多くの企業が役職名をつけて呼ぶなか、サムスンやソニーでは、役職名にかかわらず「さん付け」で呼び合うことをルールとしています。

 一方で、「さん付け」どころか、あだ名で呼び合うような企業もあるそうです。ビジネスネームを導入しているWEB制作会社のLIG(東京・台東区)に話を聞きました。

LIG社員

左から加瀬雄貴さん、若旅多喜恵さん、玉城伸太朗さん、伊藤正訓さん

本名を全然知らない

――本日は、よろしくお願いします。名刺を見させていただくと、皆さん全員がビジネスネームを記載しているわけではないんですね。

若旅多喜恵(以下、若旅):希望があれば記載しますが、営業マンが書いてあるくらいです。社内では5人くらいかな。「齊藤ジョニー」「野田クラクションベベー」とか。ちなみにビジネスネームとあだ名は別物なんです。

――それにしてもすごいネーミングですね(笑)。みなさんのあだ名の由来を教えていただけますか?

伊藤正訓(以下、伊藤):誰から話す? バンビくんからがいいんじゃない?

――あ! いま自然に呼ばれていましたね? 加瀬さんのあだ名は「バンビ」さんなんですね。

伊藤:てか、本名は加瀬くんなんですね。今知りました。

――え! それほどあだ名が当たり前の世界なんですか。

加瀬雄貴(以下、加瀬):そうですね。皆の本名は全然知らないです(笑)。

――なぜバンビになったんですか?

加瀬:バンビは、大学時代にアルバイトしていたときのあだ名です。今よりガリガリだったので、「生まれたての子鹿」みたいだってことで、居酒屋の店長が気を使ってつけてくれました。

 実は会社に入った時に当時の上司に「アバター」ってあだ名をつけられたんですよ。アバターに似てるからって。でも、アバターとバンビかどちらにするかって選べるときにバンビを選びました。

おすすめ記事