bizSPA!フレッシュ

井浦新、下積み時代の葛藤を語る「20代は迷って遠回りしてもいい、ただ…」

人との出会いがいつの間にか夢に繋がっていく

arata

――若松監督と出会う以前、本作で門脇麦さんが演じられた主人公のように、何かをしたいのだけれど、それがなんなのか分からないという時期は、井浦さんにもありましたか?

井浦:もちろんです。何がしたいのか分からないから、とりあえず大学に行くといった時期も過ごしましたし、逆に無駄にでかい夢を持ってもがいていたこともありました。それが、ひとりでもがくのではなく、だんだん人との出会いやご縁から生まれてきたものが、いつの間にか夢に繋がっていくようになった。でもそれも自分の好きなことを続けてきたからだと思います。

――井浦さんは、最初はモデル業からスタートされています。それはやりたいことだったのでしょうか?

井浦:やりたいことに関わることでした。洋服や物を作ることに興味があったので。仕事というのは、本当に人とのご縁でやらせてもらえるんだなと思っていますが、モデル業も自分からではなくて、スカウトされたのが始まりでした。そして現在の俳優業と、ファッションの仕事に繋がっています。

迷ってもいい、でも止まってはダメ

arata

――人との縁と、踏み出したことによって、自分の好きなことが明確に見えてきたり、補強されていったのでしょうか?

井浦:そうだと思います。ただ時間はかかると思います。僕だって、今も何かを手に入れているかといったら、まだ何も手に入れているわけではない。23歳で役者と洋服屋を始めて、今も有難いことに続けられてはいますけど、何かを成しえているかといったら、全然まだまだです。

 迷って遠回りすることを悪いとは思いません。ただ止まってちゃダメだと思う。20代で走り始めて、30代で若松監督に出会ったりして夢中に走って、40代でもそのまま突っ走っている。50代になってもそうだろうなって。嫌なことなら辛い人生だけれど、好きなことをやらせてもらえているので、夢中になって走っていられるのだと思います。

――“好き”だというのは重要なキーワードですね。

井浦:結局、それだけだと思うんです。でも、それを見つけるのに、一発目で見つけてそのまま突っ走れるかといったら、そう甘いものでもない。選んでは捨てて、選んでは捨てて、時に迷いながら「違った、また戻ってやり直しだ」と繰り返していくなかで、人生をかけて夢中になれることは、やっぱりこれなんだと残っていくのだと思います。

――本作でも若者たちがもがいています。まだ若い読者に、最後にメッセージをください。

井浦:若松監督や若松プロダクションを知っている世代に観てもらって、批判や批評されることも楽しみですが、一番興味があるのは若い世代の反応です。映画を作りたい、これをしたいということに夢中になって走っている姿が、この映画には映っています。

 ただ少し前の時代の話じゃなく、今の私たちと繋がっていて、こんな風に生きてみたい、生きられるのかなと、心を動かすことができるものになっていたらと思うし、20代の方にどう届くのか、とても興味があります。

<取材・文/望月ふみ 撮影/市村円香>

止められるか、俺たちを』は10月13日(土)より全国順次ロードショー
(C)2018若松プロダクション

ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画周辺のインタビュー取材を軸に、テレビドラマや芝居など、エンタメ系の記事を雑誌やWEBに執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異

12

おすすめ記事