初めて見た漫画家に「あ、本物だ」。俳優・青木柚が明かす、撮影で震えた瞬間 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

初めて見た漫画家に「あ、本物だ」。俳優・青木柚が明かす、撮影で震えた瞬間

同世代として一緒に頑張っていく仲間

うみべの女の子

――小梅とのシーンはもちろんですが、同世代で活躍されている前田旺志郎さん演じる鹿島とのシーンもとても印象に残りました。

青木:旺志郎とはこのときは初共演で、そのあと何度も共演してるんです。旺志郎はいろんなことが備わっている役者で、安心感も信頼感もありました。この作品の撮影当時はあまりしゃべっていませんでしたが、それが磯辺と鹿島の間にある軋轢みたいなものを表すことにも役立っていたし、ひりついたシーンができたのかなと思います。

――今では仲がいい?

青木:そうですね。共演するたびに近い距離感になれていると思います。同世代として、これから一緒に頑張っていく仲間だという意識があります。

朝ドラや大河ドラマに挑戦したい

青木柚

――青木さんはNHKの『きれいのくに』出演時に話題を集めましたが、前田さんも朝ドラ『おちょやん』出演時に話題になりました。青木さんも朝ドラに出たい気持ちはありますか?

青木:あります。やっぱり世代を問わずにみなさんが見ている伝統のあるドラマ枠ですし、長期間撮影しているという面も、今まで自分が経験してきた作品とはまた違う心持ちになるんだろうなと、出演されている方を見ていて思います。僕も出られるように頑張りたいです。

――大河ドラマも憧れますか?

青木:いわずもがなです。これまで時代物ってほとんどやったことがないので挑戦したいです。殺陣にも興味がありますし、時代劇にはロマンを感じます。

――挑戦というと、もうすぐ公開になる『MINAMATA-ミナマタ-』ではジョニー・デップさんと共演していますね!

青木:海外での撮影は初めてで、しかも相手がジョニー・デップさん。現実味がなさすぎました。自分の身の丈に合っていない環境で、だれもが知っている大スターと一緒に演技する機会を10代のうちにいただいていいのかと(苦笑)。でも、撮影時は特殊メイクをされていて役にしか見えなかったので、緊張せずにすみました。完全に別人に変貌する姿をまざまざと感じました。

おすすめ記事