新型 iPhone12 シリーズで買うべきは?miniは日本人向けか | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

新型 iPhone12 シリーズで買うべきは?miniは日本人向けか

ガジェット

バッテリー性能に優れるPro Max

iPhone12Pro

iPhone 12 Pro……106800円(税別)から。画面サイズは6.1インチ、筐体の横幅は71.5mm

 iPhone 12シリーズにおけるハイエンドモデルが、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxである。値段も強気の10万円台だ。iPhone 12 Proは、6.1インチのタッチパネルを搭載し、横幅が71.5mm(後述するiPhone 12と同サイズ)。iPhone 12 Pro Maxとなるとさらに一回り大きくなり、6.7インチの画面と78.1mmの横幅となる。

 iPhone 12 Pro Maxのサイズになると、片手で使うのはまず不可能だ。しかし、バッテリー性能に関しては、iPhone 12 Pro Maxが一番優れている。たとえばクルマ移動がメインのライフスタイルならば、「片手持ち」できないことを覚悟の上で選んでも良いかもしれない(もちろん、運転中にスマホの操作はしないという前提である)。

デジカメとして買うのもアリ

iPhone12ProMax

iPhone 12 Pro Max……117800円(税別)から。画面サイズは6.7インチ、筐体の横幅は78.1mm

 Appleが自信満々にプレゼンテーションしたように、iPhone 12 Pro/Pro Maxは、特に優れたカメラ性能を有している。「映画が撮れる」というのもけして誇張ではない。「ケータイで撮った写真」というと、一昔前はトイカメラ同様の扱いを受けていたが、現代のiPhoneのカメラはプロユースにもゆうゆう耐える性能になっている。

 ただ「写りが良い」というだけではない。被写体を多角的に捉えるトリプルレンズに加え、空間の深度を計測する「LiDARスキャナ」が搭載されており、一眼レフでは不可能な“曲芸的な”撮影が可能になる。

 経済的に余裕があるのならば、普段使いのスマホとしてではなく、思い切ってコンパクトデジカメとしてiPhone 12 Pro/Pro Maxを買うのもアリである。その場合、iPhone 12 ProよりもPro Maxのカメラのほうがわずかに性能が良いことも覚えておきたい。

ハッシュタグ

おすすめ記事