bizSPA!フレッシュ

ユニクロの「インナー1枚」でできる!大人っぽいニットの着こなし術

ニットにインナーを馴染ませる方法

 もうひとつの方策は「ニットと同色のインナーを身につける」ことです。インナーがチラッと見えたとしても気付かれないようにする手法です。ただし、これが通用するニットは「クルーネック」の首型に限ります。というのも、Vネックの場合ですと、ニットとインナーのラインが完全に一致しないからです。

 例えば紺色のクルーネックニットに、ユニクロUのヘビーウエイトTシャツ(紺色)を重ねます。エアリズム以上に生地がしっかりしているため、乳首の透けも気になりませんし、地厚なコットンが汗を吸収してくれます。

森井さん

ニットを着た著者近影

 今回の趣旨とはズレますが、白いTシャツを選ぶ着こなしもお勧めです。首元やニット裾からチラッと白い生地が見えるメリハリによって、清潔感が生まれます。

選んではいけないNGニットは

 ニットを1枚で着る場合、ニット自体の選び方もポイントです。たとえば、ハイゲージの薄いニットは、本来シャツを重ねる着こなしを想定していることが多く、胸筋の発達具合では乳首が透ける可能性があります。

 そこで、ざっくりした生地感のローゲージもしくはミドルゲージニットを選びましょう。ローゲージからハイゲージまで、糸の太さによってニットの着こなしは変わるということをお忘れなく!

<TEXT/森井良行>

株式会社エレガントカジュアル代表取締役。’79年 千葉県出身。のべ4600人を超えるビジネスマンの買い物に同行する服のコンサルタント。公式サイト「エレカジ」、著書『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』が発売中。YouTubeは「モテるファッションちゃんねる

12

おすすめ記事