bizSPA!フレッシュ

マツダの東京モーターショー展示が渋すぎる!子供向け「金型磨き職人」体験とは?

ビジネス

ブースのこだわりは「2つのリアル」

モーターショー

子供に指導する職人。指示は出しても決して手を出すことはない

 小野寺さんに、この体験会のこだわりを聞くと「2つのリアルさにこだわりました」と答えてくれた。

「1つ目は『人のリアル』です。会場で子供たちに指導しているのは、実際に現場で金型磨きを担当している本物の職人です。2つ目は『環境のリアル』です。ブースのデザインは、作業場の一角を再現したものですが、これは全て現場から持ってきたものです」

 体験会では、子供たちが研磨を始める前に、実際の金型を職人の方が磨く「本物の金型磨き」の実演を見ることもできる。また「モノ造りのプロ 安全のプロ 考えるプロ」と書かれた標語が壁に貼られていたり、赤いケーブルが柱に巻かれていたりと、まるで実際の工場だ。

 小野寺さんは「床はさすがに持ってこれないので諦めました」と笑っていたが、床に敷かれているグリーンシートは現場で使っているものらしい。人と環境、徹底的に現場を再現したブース全体の様子から、リアリティに対するこだわりがひしひしと感じられた。

モーターショー

点検責任者の書かれた工具台車や壁に取り付けられた送風機からはこれでもかというほど現場のリアリティを感じられる

 体験会が始まるたび、マツダのブース前には人だかりができていた。そのなかでも、やはり聞こえる「渋すぎる」の声。実際に金属磨きを体験している子供たちだけでなく、その場に集まった大人たちも送風機の汚れやリアルすぎる標語、職人の実演を見て楽しんでいるようだった。

「アウト オブ キッザニア in TMS2019」は東京モーターショー最終日の11月4日まで引き続き行われる予定だ。

<取材・文・撮影/日下>

bizSPA!新人ライター。大型新人めざして頑張ります

12