bizSPA!フレッシュ

年収360万の20代がアルファロメオ購入→3年で故障。すぐに高級車を買ったワケ

経済事情はというと……

「車はローンで買いました。前のアルファロメオのローンの残債分がまだ残っていたので、スパイダーの分と合わせてトータルで450万円くらいかかりました。毎月の負担は駐車場代とか任意保険とかも入れてアルファのときより2万~3万円上がったくらいですかね。

 今は副業を合わせて600万円ちょっとは稼げているので、新卒時代ほどの負担ではないです」

 ローンの残債がある状態でアルファロメオが故障してしまったとのことですが、まずはそのローンを払い終えてから……という選択肢はなかったのでしょうか。

「もちろん、普通に考えたら『ローンを払い終わってから新しい車買えよ!』と言われると思います。本当にごもっともだと思うんですけど、そういうこと言ってくるのってだいたい車を買ったことがない人たちなんですよね。車を持ってる人、車が好きな人は『まぁ、買っちゃうよね(笑)』って言ってくれます。

 実際、お金のことだけみたらスッキリ払い終えたい気持ちもあるんですけど、それ以上に車を所有していることで得られる付加価値みたいなものは魅力だと思うんですよね」

『逃げ恥』の石田ゆり子に共感!

車

「単に移動手段として車を持つことだけ考えると今の時代、コストがかかりすぎますよね。特に都心部だとなおさら。でも、車を持つってそれだけじゃないんですよ。同じ車好きの人との交流が生まれたり、自分の好きなときにドライブに行けて、彼女がいればそれはもっと楽しいものになったりします。

 ちょっと前のドラマになりますけど、『逃げるは恥だが役に立つ』の中で石田ゆり子さんがドライブデート中、助手席に座る相手の男性から『都内だったら車が無くてもどこへでもいけます』と言われたことに対して、移動手段だけじゃないのよという意味あいをこめて『あなたが思ってるよりずっと遠くに行けるのよ』って言うシーンがあるんですけど、まさにソレだなって感じです」

 最後に、改めて車を買うか迷っている20代ビジネスマンにメッセージをお願いすると……。

「無理に車を好きになれとか、車を持たないなんて信じられないとは僕も思っていません。でも、カッコいい車、かわいい車をみて、少しでも気になるならまずは車屋さんに行ってみることをおすすめします。

 実際に車を目の前にしてみて胸がときめけば買っちゃえばいいんじゃないですかね。車を持つことは確かに大変だけど、それをモチベーションに仕事も頑張れるし、経験も積める。マイナス面はほぼ無いと思います」

 今回も車への愛を存分に語ってくれた小野さん。前回のインタビュー記事公開後は「どうせ維持できない」といったコメントも多いなか、見事に新車に乗り換え、イタ車ライフを継続させていて、どこか誇らしげな印象でした。

<取材・文/bizSPA!取材班>

「bizSPA!フレッシュ」編集部の若手記者が、20代ビジネスマン向けに、“身の丈世代”が気になる世の中のホンネを徹底した現場主義で伝えます。

12

ハッシュタグ