「植物肉バーガー」は本当に美味しいのか。バーガーキング開発担当を直撃 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「植物肉バーガー」は本当に美味しいのか。バーガーキング開発担当を直撃

ビジネス

 2020年は大手ハンバーガーチェーンが、植物肉・代替肉を使用した商品で本格的にしのぎを削りはじめた1年だった。モスバーガーは動物性食材を使用しないグリーンバーガーの全国展開を開始。ロッテリアは2019年に限定発売していた「ソイ野菜ハンバーガー」「ソイ野菜チーズバーガー」をレギュラーメニューに新たに加えた。

バーガーキング

バーガーキングの「プラントベースワッパー」が発売

 このような流れを受けてか、ハンバーガーチェーン店舗数不動の1位マクドナルドも、2021年に「マックプラント(McPlant)」の販売を発表した。発表したのは米マクドナルドだが、当然日本での発売も視野に入れられているだろう。

食べればわかる明らかな違い

 ハンバーガーチェーンは、植物肉・代替肉バーガー商品開発の戦国時代に突入したとも言える状態となっている。そのような状態において、戦局に大きな影響を与えるかもしれない新商品が発表された。

 それがバーガーキングの「プラントベースワッパー」だ。「プラントベースワッパー」はこれまでに発売された植物肉・代替肉のハンバーガーとは一線を画した存在となっている。

「プラントベースワッパーはハンバーガーを好きな人であれば、誰でも好きになってもらえるのではないかと思います」

 バーガーキングを運営する株式会社ビーケージャパンホールディングスで、マーケティングディレクターを務める野村一裕氏はプラントベースワッパーの出来についてこのように話す。

代替肉とハンバーガーを食べ比べ

バーガーキング

マーケティングディレクター・野村一裕氏

「プラントベースワッパーの最大の特徴は“美味しさ”が前面に押し出している点です。これまでの代替肉バーガーは健康面への配慮やヘルシーさが強調されており、美味しさは二の次というものが多かった

 プラントベースワッパーは、まず美味しさありき。今の完成度になるまで何年も開発のチャレンジをしてきました。流行っているから発売するということではなく、『美味しいから食べていただきたい』というレベルの商品が完成するまで努力を重ねました」

 プラントベースワッパーへの自信は商品発表会においても窺えた。店舗での発売に先駆けて実食の機会が与えられたが、その際にはプラントベースワッパーとバーガーキングの従来のワッパーの2つが並べられ、どちらがプラントベースワッパーかがクイズ形式で問われた

おすすめ記事