bizSPA!フレッシュ

『ひよっこ』女優・松本穂香「狂人やコメディ、いろんな役に挑戦したい」

松本穂香

――周りもすごい先輩ばかりだったかと。先輩に言われてハッとした、影響を受けたことなどはありますか?

松本:お芝居が全然できなくて落ち込んでいたときに、共演していた有村架純さんが「いまできたら、逆にダメだよ。ここで満足できているようではそこでストップしてしまう。だから落ち込むのは悪いことじゃない」と、励ましてくださったんです。

 その言葉が今の糧になっています。もっともっと上を目指して頑張ろうと思えた言葉です。

――本作でも宏伸が特別なカメラに出会って変わっていきますが、松本さんが、世界が広がったと思えるきっかけはありますか?

松本:やっぱり『ひよっこ』です。期間が長かった分、そこまで作品に入り込んだというのが初めてでしたし、考えたり触れる時間が長かった分、役を愛することができました。

『ひよっこ』という世界全部を愛することもできました。ひとつの役を長く演じられる機会をいただけたというのは、自分のなかですごく大きいです。

――『ひよっこ』と同じ岡田惠和さんが脚本を担当されている、7月スタートのドラマ『この世界の片隅に』のヒロイン、すず役も高い注目を集めています。正直、プレッシャーはありますか?

松本:あります(苦笑)。でも本当に素晴らしい方たちと一緒なので、プレッシャーも感じますけど、すごく有難いです。

『あまちゃん』も大好きで影響を受けた作品ですが、『あまちゃん』に出演されていた宮本信子さんや木野花さんだったり、大好きな実力ある方たちとご一緒できるんです。

 夏ばっぱ(宮本信子演じる『あまちゃん』の登場人物)とふたりでお芝居したりするんだと考えたときは、本当に人生って不思議だなというか、こんなに嬉しいことはないなと思いました。いま、撮影中ですが、毎日いい経験でしかないです。

おすすめ記事