bizSPA!フレッシュ

お酒の席で選びたい「太りにくいツマミ」とは?

 新型コロナウィルスによる自粛で飲み会は激減していますが、それでも4月は、何かとお酒の席がある季節です。

乾杯 居酒屋

※イメージです(以下同じ)

 それに伴って崩れてしまうのは食生活。普段我慢してダイエットしている人たちにとってはなかなか過酷な時間でしょう。
 今回はこの春、お酒の席で失敗をしないための太りにくい食事についてお話ししていきます。

なぜ飲みの席で太るのか

 お酒ではなく、飲みの席における食べ物を中心に説いていこうと思います。なぜ飲む席で太るのか、それは、

① ツマミが糖や脂肪ばかりでできている
② 肝臓機能がアルコール分解で手一杯な状態の中、ヘビーな食事をするから

 が答えでしょう。お酒に合うツマミ、アテは糖質の多いものや油をたくさんつかう揚げ物、味が濃いものが基本です。当たり前ではありますがコッテリしたものを大量に食べると、カロリー過多となって体重は増加傾向になります。

焼き鳥

 さらに摂取した食事を分解し代謝するはずの肝臓は飲酒によってアルコール分解を優先事項として行うため、食事によって摂取したものへの意識が低下し、どうしても余分なものとして身体に蓄積してしまいます。

 そもそもお酒に合うツマミが太りやすい食べ物であることと、お酒を飲みながら食事をするという環境リスクが太りやすい状況を作り出しているのです。

12

おすすめ記事