bizSPA!フレッシュ

正社員なのに風俗で働く23歳女性。「24歳で死にたい」とポツリ

キャリア

勘違いでも「24歳で死にたいから」

スマホ

スマホの家計簿アプリ。毎月30万円以上の手取りがある

 本業と副業で合計して毎月30万円以上の手取りがあるSさん。貯金ができたらピンサロは辞めるのかを聞くと、まさかの答えが返ってきた。

「っていうか、24歳で死のうと思ってるんだよね。見て、この傷。昨日お酒で記憶をなくして、どっかで転んでついた傷なんだけど。死因、これだなって思ってる。友達とバイバイして、車道にばーって飛び出して、はねられて死ぬんだなって」

 彼女の言葉の真意はわからない。しかし、刹那的な生き方に憧れていることは伝わってくる。Sさんは現在23歳。あと1年でなぜ死のうと思っているのか。彼女は「間違ってたんだけどねー」と笑いながら答えた。

「カート・コバーンも、ジャニス・ジョプリンも有名なロックスターは24歳で死ぬって知って、それに憧れてたんです。でも、友達に聞いたら、24歳じゃなくて、27歳だったんだよね。でもまぁ24歳でいっかって」

 あまり貯金しない理由も24歳で死にたいという願望に根ざしているのかもしれない。「老後のために2000万円貯金とかマジで意味わかんない。それで今の遊び我慢すんの無理じゃない?」

 Sさんの言葉に共感する部分がないと言えば嘘になる。

「長生きする気ない。死にたいよね、早く。……でもさ、最近、子宮頸がんの検査引っかかったんだよね。病院行けって言われて」。「怖いよねー」と話すSさん。通知を受けた時はかなりショックだったのだという。

「内臓ってさ、見えないじゃん。でも、子宮って、触れんじゃん。なんかそういうのが怖い。そもそも引っかかると思ってなかったしさ。まだ婦人科には行っていないんだよね。テレビで百歳のおじいちゃんとかたまに出てくるけどさ。なんか、あんなのもう、生かされてるって感じじゃん。太く短くさ、生きたいし死にたいよね」

 その日、治療費や病状について、Sさんはそれ以上口にしなかった。

<TEXT/渡良瀬ニュータウン>

1995年生まれ、web周りで働くサラリーマン。労働や生きづらさについて考えたりしています。Twitterは@cqhack

ハッシュタグ

渡良瀬ニュータウンは他にもこんな記事を書いています