bizSPA!フレッシュ

仕事で成長したい人が「今すぐにでも捨てるべき」たった一つの思考

キャリア

「自分は何も知らない」と認めて素直になろう

ミーティングイメージ

 もし、「自分が優秀である」と言う思い込みを捨てて、「自分は何も知らない若者で、一生懸命がんばります。アドバイスをください」と言う価値観のもと、素直に仕事に邁進することができていたら、もっと早くあの仕事の苦しさから抜け出ることができたかもしれません。この記事を読んでくださっているあなたも、もしかしたら同じような状況に陥っているのかもしれません。

 あなたが優秀であることは間違い無いのですが、他にも優秀な人はたくさんいます。そして「自分が優秀である」と言う自己認識を持つことは、実はあなたにとってあまりメリットがないことでもあるのです。

「自分は何も知らない」ということを素直に認めて、周りの人全員からさまざまなことを吸収できるようになる。そうしたら、あなたの成長スピードは今までにも増して早まることになると思います。

 もちろん、それはあまり楽しいものではありません。今まですがっていた自分のプライドを捨てることになるのですから、一気に変われないかもしれません。それでも、あなたは今すぐに「自分は優秀である」というプライドを捨てるべきなのです。

 周りでのびのびと活躍している人は、皆そのような小さなプライドはすでに捨てきっているのではないでしょうか。「自分はまだまだだ」と本心から認めて、素直に周りから吸収しているのではないでしょうか。

 実は、そちらのスタンスのほうが周りから見ても好感が持たれますし、何よりも本当にカッコ良かったりするものです。ぜひがんばってみてくださいね。

<TEXT/Shin>

某外資系コンサルティングファームに勤務する戦略コンサルタント。ビジネス書作家。ブログ「Outward Matrix」、オンラインコミュニティ「Players」を運営。無料メールマガジンも好評配信中。

12

ハッシュタグ