bizSPA!フレッシュ

新型コロナの感染防止。スポーツジムで3つの注意点

 新型コロナウイルスが騒がれ、様々な場所での感染を懸念されています。

渋谷

※画像はイメージです

 そのひとつがスポーツジム。あるスポーツジムにて感染者が発見されて以降、次々に臨時休業をはじめました。不特定多数の利用者が運動器具を共有したり、密室空間の中で一定時間を過ごしたりする事でウイルス感染のリスクが高いのも事実です。

 騒動の真っ只中ですから近づかないことが最大の予防にはなりますが、トレーニングが大好きな方やスポーツジムが大好きな方、これから事態が収束してから運動習慣を再開したいという方に向けて、感染のリスクを抑えるポイントをご紹介していきます。

① 手洗い・うがいの基本を大事に!

 これはスポーツジムに限ったことではありませんが、ウイルス感染を予防する最大で簡単な方法は「手洗い」と「うがい」です。

 ウイルス感染の経路は、ドアノブや手すりなどに付着したウイルスを触った手を無意識のうちに口や鼻などの粘膜に移してしまい、その粘膜からウイルスが体内に侵入するのがひとつです。

 そのため、手指についたウイルスをスポーツジムに入る時、そして出る時に流しておくことが大事です。

 手を洗うことはウイルス感染対策の基本になります。厚生労働省の発表では、流水で流すだけでも残存ウイルスは約1%まで減少し、一般的な手洗いとなる石鹸で10秒または30秒もみ洗い後、流水で15秒すすぐと残存ウイルスは約0.01%にまで減少することがわかっています。

 手洗いを行うことでスポーツジムにウイルスを持ち込まず、そして出る前にも手洗いをすることでスポーツジムからウイルスを持ち出さないことになります。

12

おすすめ記事