吉野家を舞台にした「異色の牛丼漫画」はなぜ生まれた?原作者を直撃 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

吉野家を舞台にした「異色の牛丼漫画」はなぜ生まれた?原作者を直撃

 誰もが知っている人気牛丼チェーン「吉野家」を舞台に、仲が悪い訳ではないけれど、どこか距離のある「義兄弟」の物語――。10月14日に1、2巻と同時発売されたばかりの『吉野家兄弟 1』(LINEマンガ)は、作画を秋鹿ユギリさん、原作をヨコオタロウさんが担当しています。

吉野家兄弟

『吉野家兄弟 1』 (LINEコミックス)

 38歳会社員・小柳翔平と17歳高校生・水島康夫の義兄弟が、美味しいものを囲みながら、彼らなりのペースで歩み寄り、絆を紡いでゆく家族の物語。原作のヨコオさんは「ドラッグ オン ドラグーン」などの名作ゲームのクリエイティブディレクターであり、漫画『君死ニタマフ事ナカレ』の原作者として知られています。

 読めば吉野家の牛丼が食べたくなること間違いなしの本作はなぜ生まれたのでしょうか? ヨコオタロウさん@yokotaro)に話を聞きました。最後には『吉野家兄弟』の第1話を特別公開します。

【インタビュー中編を読む】⇒吉野家の牛丼に紅しょうがを山盛りに…印象的な漫画シーンの“誕生秘話”を聞く
【インタビュー後編を読む】⇒吉野家は「お腹を満たす」だけじゃない!長年食べ続けた漫画原作者が語る、その理由

懇願した結果、実現した「吉野家」

――ヨコオさんのゲームや原作漫画を知っているファンからすると、吉野家がテーマの漫画は意外だと思うのですが、なぜここにきて新たな挑戦を?

ヨコオタロウ:LINEマンガ編集部の方に「何かやりましょうよ」とお声がけいただいたのが直接のきっかけです。普段の自分はアクションRPGという「敵をバトルで倒す」ゲームを作る事が多く、あまり明るくない作風だと思います。

 一方で、以前からグルメ漫画が好きで、いつか原作をしたいとも思っていました。なんだろう。バトルゲームを作ってるストレスからの逃避ですかね……。「今はグルメ漫画は競争が激しすぎて勝ち目がない」と別の方にも言われましたが、「テーマを吉野家一本に絞ったコミックは存在しないからやらせてほしい!」と懇願した結果、実現した次第です。この企画が実現できたこと、とても嬉しく思います。

原作にあたって提示した2つの条件

吉野家兄弟

©Yugiri Aika・YOKO TARO/LINE Digital Frontier

――吉野家との漫画化の条件等で話し合いを重ねたところがあれば教えてください。

ヨコオタロウ:吉野家さんとの交渉は基本的に編集部さんにおまかせしていますので、許諾条件などはよく知りません。ただ、自分が原作をやるにあたり、2点だけ「これだけは守らせてほしい」という条件を提示させていただきました。

 1つめは「テーマが吉野家」である事。他の牛丼チェーン等もありますが、自分にとっての吉野家は他で代替出来ない存在でしたので、それを誤魔化して書くのは無理だと感じた為です。

 もうひとつは「新商品の紹介などを無理にしない」です。企業タイアップなどでは、その時に売りたい商品を描く、ということもあると思いますが、自分にとっての吉野家はまず牛丼や牛皿をキチンと描くことから始まると思ったので、条件に挙げさせていただきました。原作のワガママですが、編集部さん、吉野家さんの双方にご快諾いただき、本当に感謝しております。

吉野家兄弟 1

吉野家兄弟 1

38歳会社員・小柳翔平と17歳高校生・水島康夫は、仲が悪い訳ではないけれど、どこか距離のある「義兄弟」。そんな彼らが外食チェーンストア『吉野家』を舞台に、美味しいものを囲みながら、彼らなりのペースで歩み寄り…絆を紡いでゆく家族の物語──。

ハッシュタグ

おすすめ記事