「1000万円はかかってない」サバンナ高橋が3つの“マイサウナ”を持つ理由 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「1000万円はかかってない」サバンナ高橋が3つの“マイサウナ”を持つ理由

 空前のサウナブームで慣れ親しんだ施設は大混雑! 気軽に“ととのえない”サウナーも多いのではなかろうか。作る・買う・借りるという3つの視点で、新しいサウナ様式を手に入れるためのヒントを模索した! サウナムック『ベストサウナ vol.2』より、今回はお笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄氏のサウナ愛をお届けする。

[マイサウナ]の作り方

お笑いコンビ・サバンナ 高橋茂雄氏 撮影場所/カンデオホテルズ東京六本木

マイサウナを作るきっかけは、混雑とコロナ禍

「サウナを個人で3つ持ってるのは僕かフィンランド人しかいないんじゃないですか?」

 そう豪語するのは芸能界きってのサウナーとして知られるお笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄氏。

「最近、めっちゃ混んでるのに、黙浴とかルールを守らへん人が多くて。注意しても直らんし、その人らの中にまみれてサウナに入るストレスがすごかった。コロナ禍もあったし、“マイサウナ”を作るきっかけになりましたね」

郊外の空き家を買い庭にサウナ

[マイサウナ]の作り方

バレル(樽型)サウナ

 とはいえ、自宅の賃貸マンションにサウナを作るのは現実的ではない。そんなときに目をつけたのが空き家だった。

「郊外の空き家を買い、庭にサウナを建てるんやったら少ない金額でもいけるんちゃうかな? と思ったんです。それで日本の空き家問題に取り組む『空き家活用株式会社』の方に相談したら、普通に予算内の物件が見つかったので即購入。庭に薪ストーブつきのバレルサウナを設置しました」

12
ベストサウナ vol.2 (扶桑社ムック)

ベストサウナ vol.2 (扶桑社ムック)

「KAMAKURA HOTEL」のサウナを楽しむ瞬間を、表紙カバーに採用!

おすすめ記事