bizSPA!フレッシュ

国内シェア4位だけど……「エースコック」の侮れない海外戦略

ビジネス
エースコック

エースコック ※画像は公式サイトより
http://www.acecook.co.jp/

 ちなみに、エースコックといえば「ぶたぶたこぶた♪ お腹が空いた♪」のCMでもお馴染み、こぶたのキャラクターが有名ですが、名前はずばり「こぶた」といいます。

 ちゃんとプロフィールもあり、1959年4月生まれで、性別はオス、出身は大阪で、ラーメンが得意料理のコックとなっています。

エースコックから学ぶビジネス豆知識

 そんな各時代を引っ張るような名作ラーメンを生み出してきた老舗メーカーのエースコックですが、実はグループ売上の約半分は海外で、その大半をベトナムであげているということはご存知でしょうか? 例えば、最近の2017年12月期では、国内売上高478億円に対して、海外売上は441億円となっています。

 軽く世界の即席麺市場に触れておくと、世界の年間総需要は約1000億食となっており、首位の中国、香港が約400億食と圧倒的、次いでインドネシアが130億食、3位が日本で50億食強、4位がベトナムで50億食前後、以下、インド、アメリカ、韓国が40億食前後で続きます。

 この4位のベトナムにおいて、なんとエースコックのシェアは過半数の30億食を売り上げています。進出自体は1993年だったのですが、2000年に発売した「HaoHao(ハオハオ=好き好き)」の現地の好みに合わせてエビをベースに作った酸っぱ辛い味が超ヒット。現在では国内の即席麺のうち3食に1食は「HaoHao」となっているほどです。エースコックの商品開発力、恐るべしですね。

 そんなベトナムにおけるエースコックですが、2018年4月からはサッカーベトナム代表とスポンサー契約を締結したことも発表しました。「HaoHao」でがっつりベトナム国民の胃袋を掴んだエースコック、今度はサッカーを通じてハートも掴むことが出来るのか、楽しみですね。

 エースコックの過去の業績や企業情報は「NOKIZAL」で確認できます。

※「NOKIZAL」は就活生から社会人まで、無料・登録不要で使える日本最大級の企業情報活用アプリです。4万社以上の業績情報に加え、メールやカレンダー、各企業や関連情報サービスへの外部連携も充実しており、企業情報収集をサポートします。帝国データバンクが保有する100万社以上の企業調査情報も追加利用可能です

<TEXT/平野健児>

新卒でWeb広告営業を経験後、Webを中心とした新規事業の立ち上げ請負業務で独立。WebサイトM&Aの「Site Stock」や無料家計簿アプリ「ReceReco」他、多数の新規事業の立ち上げ、運営に携わる。現在は株式会社Plainworksを創業し「NOKIZAL」を運営中。Twitterは@tachiage

12