bizSPA!フレッシュ

年収1000万円・28歳医師「医者狙いの婚活女子」への本音は…

「彼氏にするなら医者」という女性への意外な本音

合コン

※画像はイメージです(以下、同じ)

 合コン事情を聞くと、まさにハイクラスの世界。お相手の女性はキャビンアテンダントや女医さん。「女性だと医者・外資系・商社狙いで、学歴も早慶上智クラスを条件にする人はたくさんいますよね」と言われましたが、少なくとも私(筆者)の周りにはほぼいません……。

 医者で社長の石川さんは、どう考えてもモテそうです。肩書や経済力で寄ってくる女性に対して、本音を聞いてみました。

合理的でいいと思いますよ。それがすべてではないと思いますが、スクリーニングするとしたら学歴・仕事・年収くらいしかできないんでね。じゃあ男性側は同じようなことをしてないかと言えば、そんなことない。顔や家柄、学歴や属性で選ぶじゃないですか。だから必ずしも責めることはできないですよね。仕方ないかなと思います」

 こんなスマートな見解だとは予想外でした。でもこの考えに至るまで悩んだこともあるようです。

「この人は僕の何を見ているのだろうと悩んだこともありました。相手が自分の何に興味を持っているのか見極めるは難しいです。医師として働き始めると特にそうですね」

 ではどのように女性の真意を見極めているのか聞くと「純粋そうな人かどうか見ています。素直で何を考えているかわかる人ならいいのですが、読めない人は読めないので」とのこと。きっと巧みなアプローチをかけてくる女性がたくさんいるのでしょう。

「服はユニクロです」年収1000万円のリアルな生活

 恋愛だけでなく普段の暮らしぶりも気になります。お金持ちなら住まいはやはりタワーマンションでしょうか。

「いや、違いますよ。家賃18万円の職場近くのマンションです。最近引っ越したんですが、高いなと思いながら住んでます。その前が8万円だったので」

 都内で家賃8万円は平均的。少し前までお医者さまが8万円の物件に住んでいたとは驚きです。服や食事の金銭感覚はいかほどでしょうか。

服はユニクロです。コスパがいいし服を選ぶのが面倒なんですよね。食事もそんなにお金をかけてないですよ。例えば2000円と5000円だと味や雰囲気に結構違いがありますが、同じ3000円の差でも1万円と1万3000円ではそんなに変わらない。価格と価値が比例する訳ではないので、だいたい4000~6000円で十分良い食事ができます」

 あまり派手な生活は好んでいない様子。趣味にお金をかけているのでしょうか。

「趣味も特にないんですよね。強いていうならカメラが好きです。13万円のカメラを買いましたね。それが一番大きな買い物です。あまりお金は使わないですね」

 13万円ならサラリーマンがボーナスで買うような金額。思っていたより庶民的です。