「女性なら就職しなくて大丈夫」23歳が就活で痛感した“ありえない世代間ギャップ” | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「女性なら就職しなくて大丈夫」23歳が就活で痛感した“ありえない世代間ギャップ”

コラム

 いつの時代も若い世代の価値観は、否定されがちなものです。

学生 就活

画像はイメージです(以下同じ)

 今回話を聞かせてくれた熊田沙希さん(仮名・23歳)は、就活中の大学生。自身の進路に関して、親や祖父母など大人たちの安定志向の発言が気になってしまうんだとか。沙希さんは「就職しても、3年くらいで辞めようと思っているんです」と胸の内を打ち明けます。

本当はやりたい仕事があるけど…

「内定者数が多そうな販売業や、女性社員が多い保険会社にエントリーしました。でも、本当は美容にまつわる市場分析をして、より売れる商品を紹介するマーケターや、プチプラとブランド物の小物を合わせる着こなしを提案するような、ファッションのインフルエンサーみたいな仕事をやってみたいんです」

 同級生との間でも、興味のない職種や業界に就職をするか、好きなことを仕事するか……というのは盛り上がる話題のようです。同じノリでバイト先で「進路に迷っているいう話」をしたところ、世代間ギャップを痛感することになりました。

「40代くらいの男性社員のから『若い女性は、20代のうちは好きなことをしていていいけどね』って、バカにしたように言われたんです。女性だから好きなことをしてよい、っていう古臭い考え方に驚きました」

女性なら就職しなくて大丈夫?

面接 女性

 男性社員の話に共感できなかったという沙希さん。こう続けます。

「興味があるマーケティングの仕事も、『若いうちならできる』って指摘されて……。でも、若いから仕事があるわけではないですよね。また、彼は『女性なら就職しなくて大丈夫』とも言っていたんですけど、裏を返せば『男性は当たり前のように就職する』ということ。この考えもがおかしいなって思うんです」

 また、ある企業の事務職の面接で、男性社員から言われたことが忘れられません、とも。

12

おすすめ記事