「セグメンテーション」ってどういう意味?――いまさら聞けない、ビジネスシーンの「カタカナ語」 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「セグメンテーション」ってどういう意味?――いまさら聞けない、ビジネスシーンの「カタカナ語」

コラム

「セグメンテーション」という言葉を辞書で引くと、

1.区分、分割
2.《生物》(受精卵の)卵割、分割
3.《言語学》分節

 といった意味があります(一部抜粋)。では、ビジネスの世界における意味は何でしょうか。

A.「顧客を階層化/区分化/細分化する」

 マーケティングの世界にて、顧客のことを考えるとき、顧客は性別、年齢、居住地などすべてがバラバラです。

 このバラバラな状態を「階層化、区分化、細分化」するのが「セグメンテーション」です

 具体的には、例えば店舗を展開したいとき、どんな顧客に向けた店舗がいいか考えるとします。「年齢層」で4パターン、「性別」で2パターンだと、計8パターンに顧客を細分化することができます。

 すると、すでに供給のあるパターンを避ければ、まだ供給のないパターンの顧客に向けた店舗を展開するということが考えられます。これは以前紹介している「ターゲティング」の材料とした例です。

 この「セグメンテーション」をマスターして、うまくマーケティングに活かしていきましょう。

<TEXT/bizSPA!取材班 モデル/吉野七宝実(SPA!DOL)>

参照:『プログレッシブ英和中辞典(第4版)
世界一わかりやすいビジネス最重要ワード100』(株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン)

「bizSPA!フレッシュ」編集部の若手記者が、20代ビジネスマン向けに、“身の丈世代”が気になる世の中のホンネを徹底した現場主義で伝えます。

12

おすすめ記事