bizSPA!フレッシュ

無印良品の超お手軽「ぶっかけ飯」6つを実食 アリナシ判定してみた

 どれが、ホントに、おいしいの?

無印良品

photo by Banej CC BY 3.0

 無印良品の「ごはんにかけるシリーズ」、食べたことはありますか?

 ハヤシライスといった定番モノから、台湾グルメ「ルーロー飯」まで、種類豊富に13アイテムが登場しています。魅力は、商品のユニークさと、手軽さ。調理をしなくても、“憧れのごはんもの”がカンタンに楽しめるのです。

 しかしながら、価格は250~490円。決して安くはありませんよね。願わくば、確実においしいアイテムを知って楽しみたいところでしょう。

 そこで今回は、同シリーズの味をシビアに判定! 特においしかった(アリ)、イマイチだった(ナシ)アイテム6つを正直に紹介してみたいと思います。

これはアリ!)「ハワイ風ロコモコ」

bizspa6-2

「ごはんにかける ハワイ風ロコモコ」 390円(税込)

 まずは「海外人気グルメ系」の商品を2つ紹介します。

 本シリーズには、自分ではなかなか作れない“海外メニュー”が大充実(8品)。

 そのなかでも、際立って印象的だったのが、「ハワイ風ロコモコ」です。

 常温保存品とは思えない本格ハンバーグと、ごはんと絶妙にマッチしたデミグラスソースが、「あの味、また食べたい!」というリピート欲をかきたててくれます。

 ハンバーグ以外の具材は入っていませんが、ソースたっぷりなので、追加トッピングをしても全体バランス感はバッチリです。

【オススメトッピング】
目玉焼き、温泉卵、ゆでたまご、温野菜(ニンジン・ブロッコリー・ほうれん草)、フライドポテト、きのこ炒め、ナポリタン(冷凍食品でもOK)、チーズ、アボカド

これはナシ!)「ユッケジャン」

bizspa6-3

「ごはんにかける ユッケジャン」 250円(税込)

 ロコモコとは対照的に残念だったのが、代表的な韓国料理の「ユッケジャン」。

 ピリリとした唐辛子の辛味は感じるものの、韓国料理に嬉しい“甘辛い旨味・風味”が抜けてしまっている感じ。具として入っている野菜も肉も少なめで食感もフンニャリ。

 全体的にメリハリがなく、おいしさのポイントが探しづらい、というのが本音です。

 リカバリーするのなら、コチュジャンを追加するか、焼肉のタレを少々垂らして、温泉卵を加えると良いのかも。