bizSPA!フレッシュ

「カライものを食べた翌日お尻がヒリヒリする」は実は危険!?

カプサイシンが含まれている食品は?

Kimchi

 カプサイシンは、トウガラシを用いた料理、トウガラシ粉末を使用したカレーやキムチ、チゲ鍋などに含まれています。加熱しても壊れにくい性質をもつので、調理しても辛味が低下することはありません

 また、水にはあまり溶けないカプサイシンですが、油やアルコール、酢によく溶ける性質があるため、それを利用した調味料も多くあります。

 トウガラシを油に漬けてつくられる「ラー油」、沖縄の島とうがらしを泡盛に漬け込んでつくる「コーレーグース」、青唐辛子を酢に漬けてできる「青唐(あおとう)酢」などがあります。

適度な辛味なら、「食欲増進」などのメリットも

唐辛子

 辛いものをよく食べているからといって、必ずしも病気になるわけではありませんが、大量に食べ続けることは、痔のリスクを高めます

 また、もともと痔をもっている人は、悪化させてしまうことがあるので、刺激物の過剰摂取は控えましょう。

 カプサイシンなどの辛味成分は悪いことばかりではなく、適量を摂取すると食欲増進などのメリットがあるので、上手に付き合うようにしましょうね。

<TEXT/梅原しおり>

参考元:
※1)Matsumoto K., Kurosawa E., Terui H., Hosoya T., Tashima K., Murayama T., Pries- tley J. V., Horie S., Am. J. Physiol. Gastroin- test. Liver Physiol., 297, G348-G360 (2009).

早稲田大学人間科学部卒、栄養士免許保有。「みんながうんちを見て、自分に合う食事をみつける世界へ」をモットーに、「うんち栄養士」として活動中。排便アプリ「ウンログ」アンバサダー。ブログ「うんち栄養士」、Twitter:@unchieiyoushi

12