bizSPA!フレッシュ

ユニクロで冬を乗り切る! ニットの最適な着こなし方

キャリア

 寒い季節に必須な「ニット」。防寒のために、シャツの上に着ると暖かいですよね。

スマホを持つ男性

※画像はイメージです(以下同じ)

 主に店頭ではVネックとクルーネックのニットが陳列してあります。襟の形が違うのはわかるけど、「どっちを着ればいいの?」と一度くらい考えたことはありませんか。

 店頭では説明もなく陳列されていることが多いので、どちらを選んでいいのかわからないまま着ている、もしくはなんとなく着ている方も多いのではないでしょうか。

 そこで今回は、シャツに合わせるVネック・クルーネックニットの最適な着こなしを、ビジネス、カジュアルのシーンのそれぞれで、服のコンサルタントである私がお伝えいたします。

首元の印象決める、ビジネスorカジュアル

 前回の「ユニクロの新作ダウンを“スーツの内側”に着るべき絶対の理由」の記事でもご紹介しましたが、ポイントは首元の印象にあります。

 ビジネスカジュアルの職場を想定し、ニットは薄手のユニクロの「エキストラファインメリノウールニット」。

ユニクロ

エクストラファインメリノクルーネックセーター(長袖) ¥2,990 +消費税
※画像はユニクロ公式サイトより

 シャツはオックス地でネクタイ着用でもノータイでも着まわせる「ホリゾンタルカラー」、ネクタイは「ニットタイ」を使用しました。

 まずはクルーネックニットと、Vネックニットを比べてみます。

ユニクロ

クルーネックニット(左)と、Vネックニット

 ネクタイを使用するビジネスシーンにおいて、クルーネックだとネクタイの結び目が詰まった印象となってしまいます。Vネックのほうはネクタイの結び目はスッキリして見えるため、綺麗な印象となります

 ネクタイを着用するビジネスシーンでは「Vネックニット」を選びましょう。ネクタイを美しく見せることができます。

12