bizSPA!フレッシュ

若手でも会社で「自分のアイデア」を通す方法。渋谷のアフロ社長に聞く

ビジネス

 会社の先輩や上司に「自信があった企画をボツにされた」という、悔しい思いをしたことのある若手サラリーマンは少なくないはず。

アフロ

アフロマンスさんに「若手が仕事を任せてもらえる方法」を聞きます

 実際によほど優秀な人材でもない限り、若い頃はこうした現実の壁に誰しもがぶつかるものです。

 経験値が浅い若手でも、先輩や上司の信頼を勝ち得て、仕事を任せてもらえるようになるためには、どうすれば良いのでしょうか。パーティークリエイターのアフロマンスさんは「実践できる効果的な方法がある」と言います。

若手社員が先輩や上司の信頼を勝ち得るには?

――経験値が浅い若手でも、先輩や上司の信頼を勝ち得るにはどうすればいいですか?

アフロマンス:僕がお勧めする方法は、大きく分けて2つあります。

 まずシンプルですが、とにかくいろんな人に自分の考えていることをしゃべったりして、相談してみることです。そうやって周囲に伝えることで、「どういうこと?」とか「面白い!」とか、相手のリアクションが企画を練る上で参考になるんですよ。「これじゃ伝わりにくいからこう変えてみようか」みたいなね。

――前回のお話に出た「アイデア筋」を鍛えるやり方と似てますね。

アフロマンス:そう、これは同時にアイデア筋も鍛えることもできます。で、そうやってしゃべっていると、協力者が出てきたりするんですよ。例えばですが、ホラーが好きで「ホラーイベントをやりたいです」と言っていたら、ホラーを扱っている会社の知人を紹介しようかってなって、投げっぱなしだった話題がつながることもあります。

どんなことでもいいから小さく“やってみる”

――そう、うまくつながるもんなんですかね?

アフロマンス:人ってギブというか、自分が協力できることならしてあげたいと思ってる人が多いんです。だから、いろいろしゃべっておいて、その“縁”をつなぐことが重要だと思います。

 それでコミュニケーションに手応えがあれば、会社の上司に掛け合う時も「こんな反応もらってます」とか「協力者がいます」って堂々と言えますしね。

――なるほど。では、もうひとつのポイントは何でしょうか。

アフロマンス:案件の大小とか、公私のボーダーラインも取っ払ってみて、どんなことでもいいから小さく“やってみる”ことです。