bizSPA!フレッシュ

新社会人になったら身につけたい「未来の自分を作る」3つの習慣

キャリア

菓子パンではなく、おにぎりを食べよう

 もしあなたが、朝食を食べる習慣がなかったのであれば、野菜ジュースやカップスープを飲むだけでも、より健康的になれます。

 朝食に菓子パンを食べていた人は、カロリーを考えておにぎりにしてみてはいかがでしょうか。このように、今の自分よりも一歩健康的な食生活を考えてください。

 肉体的にも精神的にもエネルギーを必要とする新社会人の人たちこそ、脳のエネルギー源となる糖質の定期的な摂取は大切でしょう。

 また、昨今、糖質制限食ダイエットが流行ってはいますが、みなさんが今、この時期に糖質制限するのは得策とは思えません。

 1日1食のススメを推奨する食事法もありますが、それは年齢とともに基礎代謝が落ちてきた(すなわち消費カロリーが減ってきた)世代の人たちのアンチエイジング的な食生活です。

新人は自分の食生活をもっと甘やかすべき

食事 野菜

 海外の行動心理学的研究でも、人間はひとつのことを我慢すると、ほかのことに対する集中力や根気が減ってしまうという研究があります。

 暴飲暴食を推薦するわけではありませんが、疲れたときの甘いおやつ、頑張った自分への週末のご馳走など、この時期は自分に厳しくしすぎないほうが、仕事を頑張り続けやすいこともあります。

 また、最近の調査では、朝食を取る習慣を持っている人のほうが、人生に対する幸せ度と生活満足度が高いということもわかっています。ぜひ、朝ごはんからしっかり食べましょう。

おすすめ記事