メモアプリ、結局どれが最強?OneNote、Evernote、Appleメモ… | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

メモアプリ、結局どれが最強?OneNote、Evernote、Appleメモ…

ガジェット

Appleメモ:端末との相性は最強のアプリ

memo-app_07

Apple製品にはあらかじめインストールされているアプリ

 iPhoneやiPad、MacなどのApple製品に標準搭載されている「メモ」は、Appleアカウントに紐付けて利用できるアプリ。

「メモ」内には外部ファイルの挿入メニューが表示されないため、文書などは挿入できないと思っている方もいるかもしれないが、他のノートアプリと同様に文書を挿入することが可能だ。

 この場合は、メモアプリ側ではなく、各ファイルの「共有」ボタンから操作を行う。共有先に「メモ」を選択すれば、文書や音声ファイル、Webページのリンクなどを追加できる。

memo-app_08

ファイルの挿入などは、挿入元ファイルの「共有」メニューから操作する

 Apple純正アプリだけあり、iPadでのApple Pencilの描き心地は3アプリのなかでこれが一番快適だと感じた。OneNoteやEvernoteの場合、微妙な遅延が気になるが、「メモ」アプリは紙に書くのにかなり近い感覚を得られる。

 また、iPadでは設定の「ロック画面からメモにアクセス」を有効にすることで、Apple Pencil でロック画面をタップするだけで、新規メモの作成画面を表示できる。

memo-app_09

ロック画面からすばやくメモをとれるのが便利

 難点としては、WindowsPCやAndroid端末向けのアプリが提供されていない点が挙げられる。Apple端末だけを使っている人にとっては、シンプルかつ使い勝手のよいツールといえるだろう。

環境を選ばずに使えるOneNoteが最強

 3大アプリを比較した結果、利用できるOSや端末数の縛りがなく機能も充実しているという点で、OneNoteがもっとも使いやすいと感じた。費用かけずに柔軟に使えるノートアプリが欲しいと考えているなら、OneNoteをおすすめしたい。

 Evernoteは、タグやリマインダーといった独自の機能に魅力を感じている場合に検討してみるといいだろう。スマホもPCやタブレットもApple製品だけという人なら、Appleの「メモ」アプリで完結させるのもスマートな選択だ。

<TEXT/酒井麻里子>

スマホやPC、ガジェットといったデジタルアイテムや、ビジネスに役立つアプリ、日用品などに関する記事を執筆。Twitterは@sakaicat

12

おすすめ記事