bizSPA!フレッシュ

Dropboxをグーグル、アマゾンが猛追。無料「オンラインストレージ」どれがベスト?

ガジェット

3)Office365ユーザーに嬉しい「OneDrive」

OneDrive

無料容量:5GB 料金:100GB 224円/月

 マイクロソフトによるサービス。Microsoft Officeの定額プラン「Office365」にストレージ容量が付属しており、個人向けの「Office365 Solo」なら1TBが利用可能。Office365ユーザーであれば別に料金を払うことなく大容量ストレージを使えるので、ぜひ活用したい。

 また、OneDriveは、Web上でOfficeアプリケーションを利用できる「Office online」のデータ保存先としても使用される。Office onlineをよく利用する場合にもおすすめのサービスだ。

 なお、Office365ユーザー以外でも、マイクロソフトアカウントがあれば5GBまで無料で使え、ストレージ容量のみの購入も可能だ。

4)Appleユーザーには欠かせない「iCloud Drive」

iCloud Drive

無料容量:5GB 料金:50 GB 130円~2TB 1300円/月

 iPhoneやiPad、Macのユーザーにはおなじみの、Appleによるオンラインストレージサービス。

 iCloud Driveのストレージは、iPhoneで撮影した写真を自動保存する「iCloud写真」や、故障などのトラブルに備えてiPhone全体のデータをバックアップする場合にも利用される。

 これらのバックアップ機能をフルに活用すると、無料の5GBでは足りないケースも多いだろう。その場合、せっかく有料プランを使うのであれば、他の書類などもすべてiCloud Driveに集約してしまうのもひとつの方法といえる。とくに、Apple製品を複数所有している場合には検討したいサービスだ。

おすすめ記事