bizSPA!フレッシュ

韓国旅行のついでに“タダ”で沖縄にも行けちゃう裏ワザ! マイルのプロが教える

ストップオーバー(途中降機)と乗り換えについて

滑空する旅客機

 発券のルールで覚えておきたい2つのルールは「乗り換え」と「ストップオーバー(途中降機)」と呼ばれる24時間を超える滞在についてです。

 まず乗り換えについては、あまり知られていませんが、日本国内で往路・復路各2回まで可能です。チケットが実際予約できるかどうかまでは確約できませんが、理論上は1万5000マイルで以下のルートを予約することができます。

羽田→稚内→札幌千歳→ソウル→名古屋→沖縄→羽田

 ビックリするくらいお得で、初めて知った時は衝撃でした……。

 次にもうひとつの重要なルールがあります。日本発の便は途中降機が不可となっており、海外発の便は目的地以外に1度だけ可能です。

 行きの羽田からソウルまでに立ち寄る稚内や札幌については滞在を24時間以内に収める必要があり、帰りのソウルから羽田については沖縄で数日間滞在することが可能というわけです。

一度の旅行で国内外の各地を楽しめる

 このような航空会社のルールを利用して見つけたのが今回の航空券です。

 ソウル旅行に行く際、あえて直行便にせず、国内線を経由させることで、超お得に2つもしくは3つの旅行を組み合わせることができるというまさに裏技、上級テクニック。

 今回はソウルと沖縄を使って説明しましたが、もちろん他の都市でもこの裏技は使用できます。チケットを探すのは想像以上に難しかったので、根気よく素敵なルートを探してみてください!

 短期間でたくさん飛行機に乗れるなんて飛行機好きにはたまらないですね!

<TEXT/まり>

学生時代から旅にハマり、47都道府県・海外55か国を制覇。有給休暇を使って世界を旅するリーマンパッカー。ブラジル人夫と国際結婚し1児の母。出産後にブログ「オハヨーツーリズム」を開設し、子供を連れてのクルーズ旅行や効率的なマイルの貯め方について紹介している。