オイシックスがシダックスの株式を取得。会員に依存しないビジネスが加速か | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

オイシックスがシダックスの株式を取得。会員に依存しないビジネスが加速か

ビジネス

 2022年6月29日、食品の宅配事業を行うオイシックス・ラ・大地が、食堂や給食事業を展開するシダックスの株式を取得すると発表

オイシックス

画像は公式サイトより

 B種優先株または普通株を取得するもので、普通株に転換した場合のオイシックスの保有比率は26.5%。シダックスはオイシックスのグループ会社となる可能性があります。なぜ、オイシックスはシダックスの株式を取得するのでしょうか?

5期連続の赤字を計上したシダックス

 オイシックスが株式を取得するに際して、シダックスは「協業先を検討する場合においては、中期経営計画(Re-Growth 2025)の達成を目指し、株主か否かに関係なく公平且つ事業の成長に最適であるかを重要視して判断してまいります」(「当社のB種優先株式又は普通株式の取得に関する連絡の受領について」2022/06/29より)と、やや距離を置いた言い方をしています

 これは、今回の株式の取得がシダックスの意向とは離れたところで行われたため。オイシックスのシダックス株の取得を理解するポイントは、2019年6月にシダックスが決議した投資ファンド、ユニゾン・キャピタルとの資本業務提携です

 シダックスは長らく業績が低迷しており、2016年3月期から2020年3月期まで5期連続で赤字を出していました。2018年5月にカラオケ事業を「カラオケ館」などを運営するB&V(ビーアンドブィ)に売却しますが、業績回復の目処はたちませんでした。2019年3月末に自己資本比率は12.3%まで低下しており、安全基準と言われる30%を大幅に下回っていました。

経費削減策が功を奏して黒字化に

シダックス

ユニゾン出資によるシダックスの業績回復効果※シダックス決算短信より筆者作成

 ユニゾン・キャピタルは総額65億円を出資し、シダックスのB種優先株式(40億円)とC種優先株式(25億円)を取得。優先株とは、普通株よりも優先的な地位を持っているもので、配当などの面で有利なものをいいます。

 そしてユニゾン・キャピタルは取締役2名をシダックスに送り込み、改革を実行します。シダックスは時間外労働の削減、休業店舗の人員再配置による原価圧縮施策、本部経費の見直しなど、徹底的な経費削減策を推進します

 また、エステやホテル運営などを行っていたシダックスビューティーケアマネジメントを売却。BtoC事業を圧縮し、食堂や給食などのBtoBに経営資源を集中する戦略の練り直しを行いました。その成果はすぐに出ます。

 出資直後の2020年3月期は11億2300万円の純損失を出したものの、2021年3月期は6億3000万円の黒字化を実現。2022年3月期は前期の6.5倍となる40億8900万円の純利益を計上しました。出資前に200円台だったシダックスの株式は現在500円台で取引されています。ユニゾン・キャピタルはシダックスの業績を改善し、企業価値を上げることに成功しました

おすすめ記事