アニメ好きを隠して撃沈…彼女ができるチャンスを逃した24歳男性の後悔 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

アニメ好きを隠して撃沈…彼女ができるチャンスを逃した24歳男性の後悔

コラム

奇跡のチャンスを逃してしまったウソ

「奇跡のような出来事でした。もちろん、すぐに『行こう! 僕も本当は、そのアニメが好きなんだ』と、そう言うつもりでした。でも、給湯室の横にある廊下から、男性が数人で話す声が聞こえてきたんです。しかも、その声は、どんどん近づいてくる感じでした」

 廊下の声も給湯室に響くし、給湯室の声が廊下に漏れていることもよくあったため、椎野さんは急に怖くなったのです。ハナさんの声が大きかったことを思い出し、いま近づいている声のように、さっきのお誘いの内容が聞かれていないかと不安になります。

「そして僕は、『僕は、まったく興味がない。この前は、話のノリで僕も面白いと思うなんて言っちゃったけど、そのアニメを好きなのは、メモ帳をくれた小学生だから』と、結構大きな声で言ってしまったんです。自分自身の不安をかき消す感じでした」

 ハッと我に返って目の前のハナさんに視線を移すと、心なしかシュンとした様子で椎野さんを見つめています。廊下の声がピタリと止んだこともあり、すぐに謝ってライブへ行こうと言おうとしたその時、椎野さんの同期男性Mさん(当時・24歳)が給湯室に入ってきたのです。

数々のウソで失ったチャンス

趣味

「僕たちの気まずそうな空気を察してか、『あ……ごめん。邪魔しちゃったかな?』なんて声をかけてきたもんだから、僕はもう、すっかりパニックになってしまいました。そして、『ハナさんが声優さんのライブに誘ってくれたけど、僕はまったく興味がなくて』なんて言ってしまったんです。僕、ホント最低です」

 椎野さんが自己嫌悪に陥っていると、「え? 俺、そのアニメ、めっちゃ好き! 声優さんのライブとかも行ってみたいと思ってたんだ」とMさんがはしゃぎはじめました。いつもクールな印象とは大違いで驚いたという椎野さん。

「でも、全然カッコ悪いとかは思いませんでした。むしろ、自分の好きなことを堂々と言えるってカッコイイなって。それにハナさんも、すごく嬉しそうな顔をしていました。2人はその後、付き合っています。そんな2人の幸せそうな姿を毎日のように目にしていますし、本当に後悔しかないです」

 そのことがあってから椎野さんは、「趣味は自分の好きなことなんだから、恥ずかしがらずにハッキリ言おう」と決意したそうです。自分の好きなことは堂々と伝えて、趣味仲間やチャンスを逃さないようにしたいものですね。

<TEXT/山内良子 イラスト/カツオ(@TAMATAMA_GOLDEN)>

-[若者の「趣味で痛い目に遭った話」体験談]-

フリーライター。おいしいものや楽しいこと、旅行が大好き! ライフ系や節約、歴史や日本文化を中心に、取材や経営者向けの記事も執筆。金融会社での勤務経験や接客改善業務での経験を活かした記事も得意です

12

おすすめ記事