自称「節約上手」の20代男性が猛反省!小学生が放った“真っ当すぎる”疑問とは | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

自称「節約上手」の20代男性が猛反省!小学生が放った“真っ当すぎる”疑問とは

コラム

 節約をして貯金や資産運用にお金を回すことは素晴らしいですが、度を超すと、まわりにいる人たちから呆れられてしまうことも少なくありません。また、今回お話を聞かせてくれた本木正弘さん(仮名・28歳)のように、節約が迷惑行為と化している可能性もあるので気をつけましょう。

節約

※画像はイメージです(以下同じ)

余裕すぎる?小遣い稼ぎイベント

「小さい頃から貯金が趣味で、いつの間にか節約にもハマっていました。月の給料は手取りで20万円ぐらいでしたが、地方で家賃が安かったこともあり、半分ぐらいは貯金していました。女性やファッション、ゲームや車には興味がなく、貯金や節約をしているときに高揚感があったんです。まさに、趣味だったし、生きがいでした」

 貯金がある程度の金額になると、今度は投資信託やiDeCoなどもはじめ、順調に資産を増やしていた本木さん。ある日、親戚に頼まれ、親戚の子供である未来ちゃん(仮名・小学3年生)と1日を過ごすことになります。

「面倒を見たらお金をくれるというので、喜んで承諾しました。親戚とは実家が近いこともあって、僕が1人暮らしをする3年ぐらい前、未来が小学校に入るちょっと前ぐらいまでは、時々お小遣いをもらって面倒を見ていたんです。だから、余裕の小遣い稼ぎイベントぐらいに思っていました

ドリンクバーの調味料をポケットに

レストラン

 再会した未来ちゃんは、以前よりもさらに明るくハキハキとした様子で好感が持てたとか。2人は、ブランクなどなかったかのようにすぐ意気投合。午前中は本木さんのマンションでゲームして過ごし、お昼にはファミレスへ行きました。

「『お昼はファミレスで食べてね』と、別でお金をもらっていたんです。しかも、ランチに支払って、余った分のお金はもらえるということでした。なので、未来にはキッズランチを頼み、僕もランチだけにしたんです。子供はキッズドリンクと言って無料でドリンクバーが付いてくるので、僕だけでもドリンクバーを我慢しようと思って」

 ところが本木さんは、未来ちゃんとドリンクバーを入れに行ったついでに、おしぼりを余分に取り、ガムシロップや砂糖などもポケットに入れて持ち帰ろうとします。それは、外食に出かけたときの本木さんにとって、ごくごく当たり前の行動でした。

「でも次の瞬間、『えーっ? そんな大量に砂糖とか取って、どんだけ飲み物を頼むつもりなのっ?』と、未来が驚いた様子で聞いてきたんです。大声で尋ねられ、ドリンクバーの近くに座っていた人たちの視線が一斉に僕に向きました。めちゃくちゃ焦って、つい反射的に『飲み物は注文しないんだけど……』と小声で答えたんです」

12

おすすめ記事