コロナ禍でも儲かっている人たち。老舗バイク店、UberEatsドライバーの場合 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

コロナ禍でも儲かっている人たち。老舗バイク店、UberEatsドライバーの場合

ビジネス

 ホテルや飲食店などを中心に、軒並みコロナ不況に陥っているなか、意外な職業が利益を出していた。先見の明と確かな戦略と少しの運でこの有事を追い風にする「儲けの秘密」とは?

お金 まやかし

※画像はイメージです(以下同じ)

コロナ禍で原付はネット販売が加速。在庫数がカギに!

▼ オートバイ販売・丸富オート

丸富オート

丸富オート・神奈川県下に多数の実店舗を構え、ネットショップも本格展開している老舗。新車バイクから電動アシスト自転車まで品揃え豊富

 電車やバスを避ける移動手段として、コロナ特需が起きているのが小型バイクと電動アシスト自転車だ。なかでも、神奈川県の老舗バイク店「丸富オート」は、独自の戦略でコロナ禍を駆け抜けている

「一般的なバイク屋では対面販売が基本ですが、当社は8年前からオートバイと電動アシスト自転車をネット販売しています。現在はネットの売り上げが全体の9割を占めています」(広報)

 いまどきのライトユーザーは、家電と同じ感覚でバイクや電動アシスト自転車を購入しているのだ。

「ネットで売れるのは原付1種(排気量50㏄以下)と2種(51~125㏄以下)、それに電動アシスト自転車。しっかり整備をして、すぐに乗れる状態で配送します。コロナ禍で先行きの経済状況が不透明な中にあっても、業界に風は吹くと感じ、強気で在庫を確保しようと動いたのが吉と出ました」

ポイント還元キャンペーンの終了で特需が訪れる

 とりわけ丸富オートに特需が訪れたのは今年の6月。経産省によるキャッシュレス決済の最大5%ポイント還元キャンペーンが、同月末で終了するタイミングだった。

「コロナ禍の移動手段として注目されていたところにキャンペーンの終了が重なり、前年同月比1.5倍の売り上げを記録しました。男性は通勤用のスクーター、電動アシスト自転車は女性、主婦層中心に売れた印象ですね」

コロナ特需(儲)の真相

在庫不足になった緊急事態宣言下。在庫が潤沢にあった丸富オートには追い風が。ポイントが発生するため、ネット販売が主流に

 バイク市場の縮小が叫ばれているなか、求められているのは先を読む力なのだ。

12

おすすめ記事