bizSPA!フレッシュ

セブンイレブンの「ヘルシー商品」サラダ、タコスほか5つを厳選

 コンビニから学ぶヘルシーな食事。

bizspa63-2

セブンの商品を食文化研究家に食べてもらった

 緊急事態宣言時、がんばって自炊をしていた皆さん、今はどのような食生活を送っていますか? 外食やテイクアウトに戻ってしまったという人もいれば、自炊を続けているという人もいるかもしれません。いずれにせよ一番大事なのは、健康意識を持ちながら楽しく美味しく食べるということですよね。

 そこで、今の時代にあった健康意識を養うために、コンビニエンスストアをじっくりリサーチ。今回は「セブンイレブン」のアイテムを厳選し、そこから見えてきたヘルシーな食生活のポイントを5つご紹介してみたいと思います

1. ネバネバ系野菜は冷凍食品でストック

bizspa63-3

乱切りさといも 200g(213円)/オクラと長芋ミックス100g(203円)※全て税込み、以下同じ

 男性ホルモンを補うのに有効だとされている「DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)」という成分が注目されているのをご存知でしょうか? これ、山芋や里芋などの粘り気のあるイモ類に多く含まれている成分なのですが、継続的に食べようとすると一人暮らしでは至難の業。

 でも、実はセブンにはストックしやすい便利商品があるんです。オクラと長芋が食べやすいサイズにカットされた商品は、醤油やめんつゆをかけるだけで味わえますし、冷凍さといもはレンチンしてそのまま食べたり、スープなどに加えるなど活用度の高いアイテム。アンチエイジングは男女共に重要です。

2. DHA、EPAはワンハンドで摂取できる

bizspa63-4

左から、サラダサーモン(300円)、サラダフィッシュいわし(213円)、スモークフィッシュさば(267円)

 魚の脂に含まれる“良いアブラ”といわれるDHAやEPA。血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしたり、血液の凝固を抑えて血圧を下げ、血栓を予防する効果があり、若いうちから意識して摂取したい成分であることは間違いないでしょう

 魚を食べる機会が少ないという人にも、セブンにはこんなにも便利なアイテムが揃っています。

 サラダチキンを食べるのと同様に、ワンハンドで気軽に食べられる鮭(サケ)、鰯(イワシ)、鯖(サバ)。缶詰よりも気軽で、デスクワーク中のランチタイムにも取り入れやすいでしょう。

12

おすすめ記事