bizSPA!フレッシュ

オンライン会議にもおすすめ「ヘッドセット」6選。ゲーマー向けのモデルも

ガジェット

 テレワークが定着し、快適なオンライン会議のために欠かせないアイテムとなったヘッドセット。

ビジネスマン・ヘッドセット

※画像はイメージです

 これから新たにヘッドセットの購入を検討している人のために、低価格モデルから本格派までおすすめの6製品を紹介しよう。

ヘッドセットを選ぶときのポイント

 ヘッドセットは、BluetoothやUSBレシーバーで接続して使うワイヤレスタイプと、有線接続タイプに大別できる。

 ワイヤレスタイプは通話中に身動きが取りやすい点がメリット。姿勢を崩して気楽に参加したいオンライン飲み会などでも使いやすい。一方の有線タイプはバッテリー切れの心配がないので、長時間の連続使用にも適している。

 有線タイプは、USB接続の製品と3.5mmステレオミニプラグを使う製品に分かれる。さらにミニプラグには、ヘッドホン出力端子とマイク入力端子が分かれているタイプと、ひとつの端子がヘッドホン用とマイク用を兼ねる4極ミニプラグが存在する。

 プラグが合わないと使えないので、事前に自分のPCがどちらに対応しているかを調べておこう。

1:入門におすすめのヘッドセット

 いきなり高価な機材を買うのがハードルが高いという場合、低価格なエントリーモデルのヘッドセットを選ぶとよい。無線接続のモデルでも、片耳タイプなら5000円以下で入手可能だ。

headset_01

エレコム「LBT-HSC20MPBK」 (税込3278円)

 エレコム「LBT-HSC20MPBK」は、フック部分を耳にかけて使用する片耳タイプのワイヤレスヘッドセット。連続通話時間は約6時間と長時間の会議が続いても安心して使える長さで、イヤホンからSiriやGoogleアシスタントを呼び出して使うことも可能。同時に2台の端末に接続できるマルチポイントに対応しているので、PCとスマホなど複数の端末からビデオ通話を使う人にも便利だ。

 片耳なので音楽用としても使いたい場合には向かないが、低価格でオンライン会議の環境を整えたい場合には選びやすい製品だろう。

おすすめ記事