bizSPA!フレッシュ

インターンの女子大生は社内合コン要員だった…大手広告代理店でのイヤ〜な記憶

キャリア

 売り手市場と呼ばれる昨今。とはいえ、一部の大手企業は人気が集中し、学生が内定獲得するのも一苦労です。

ビジネスマン 会社員

※画像はイメージです(以下同じ)

 株式会社ディスコが行った「学生のインターンシップ」に関する調査によれば、2020年3月卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)のインターンシップ参加者は全体の92.4%にものぼります。学生向けのインターンを「なんとか次につなげたい」と考える学生も多い様子。しかし、なかにはオッサンの思惑が絡むケースも。

「あの光景は忘れられないですね」と語る溝口真治さん(仮名・25歳)。4年前に大手広告代理店の子会社のインターンに就業。インターンなのに毎夜、営業マンと女子大生が合コンをしていたそうです。

あっという間に定員に達した人気インターン

「就職するならどこでもいいけど、とにかく大手企業」と身もふたもない溝口さん。大手商社からメーカー、金融やマスコミなど、手当たり次第、エントリーシートを出していたときに大手広告代理店子会社のインターン募集を知ります。

「就活サイトの情報を整理していたら偶然、見つけたんです。すぐに応募しました。すると翌日には募集が消えていたので、あっという間に応募者数が定員に達したんでしょう」

 人気企業のインターンが決まって歓喜の声を挙げた溝口さん。しかし、いざ出社してみると、営業マンのむんむんとした欲望を感じたそうです。

「インターンにはお嬢様学校の女子大生がたくさんいました。しかも、やたら可愛いんです! 男性のメンバーはごく一部でしたが、初日から出社するのが楽しくて仕方ありませんでした」

お嬢様だらけのインターンに隠された思惑

白いワンピースの女性

 ところが、やたらインターン生の女性比率が高かったのは、ある思惑があったことを、溝口さんはやがて知ることになります。

「先輩社員たちが女子大生と毎晩のように合コンを開催していたんです。最初はメールで誘っていたようですが、だんだん部署内で『今夜どう?』と露骨に誘い始めていました。

 インターン生は営業部に配属されるのですが、いつの間にか総務や人事部の男性も、同じように女子大生と合コンしていたのです」

 溝口さん含む男子学生は、「合コンに参加した女子大生のほうが就職に有利ってことか」「男性の就職倍率上がるよな」と、愚痴が止まりません。

12